« POBox | ホーム | アドレスソフト »

2004年8月 9日

フォント関係

さて、そろそろ、問題が出そうな部分に入っていく。

まず、さっくりと失敗しているのがフォント関連。

リムフォント for CLIE はDBエラーが出てフォントの切り替えが出来ず。
ついでに Fonts4OS5 はJ-OS と排他(笑)。どっちかを有効にするともう片側が無効になる…(w
んで、色々フォント周りで遊んでいると、いきなりリセットを食らって無限ループになり、ハードリセットを行う羽目に…。

まぁ、おいそれとハードリセットが出来るのも今のうちなので、あまり気にせずにどんどん試していこう。

日本語はリムフォントの丸文字、英数文字はTungstenFont、この組み合わせで使いたいだけなんだけどなぁ…。
さて、どうしたものか…。

コメント(2)

リムフォントはおいらも試したけどダメでした。そっか〜、なるさんがやってもうまくいかないんだ。(ちょっと安心)

そもそもリムフォントは…
日本語版CLIEって明記されているんで、動いたらおかしいんだけどね。
オーバーレイでやっているんだから、どうにかならんかなぁ…などと考えているんですわ。
日本語版で作ったオーバーレイファイルを無理やりE1に持っていくとか…。

…ハードリセットくらった(w

んじゃ、FontDiverで無理やり日本語版で…以下同文

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2004年8月 9日 10:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「POBox」です。

次のブログ記事は「アドレスソフト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。