« Xリーグ | ホーム | ダーツをする場所 »

2006年9月15日

Cフラのアレンジ考察

よく、上手な人は120くらいから下のアレンジ考察ってBLOGとかでやってますよね。

はっきり言ってCフライトの私には、活用する機会がありません(^^;。

T-D-D とか T-S-Dとか、6,7マーク出せる人はCじゃありません(笑)



T:トリプル

D:ダブル

S:シングル

マーク:ダーツを3本投げて、Tを3,Dを2,Sを1として合計した数。7マークは、T-D-DやT-T-Sなど。

Cフライト:要するに初心者(^^;





Cフライトの人はクリケットでSTATS2.0前後でしょう。

狙った3本のうち2本が狙ったシングルに入る…と思ってはいけません。



シングル狙ってクリケットする人はいませんので、狙っているのはトリプルなはずです。

って事は、クリケットのSTATSが2.0ってのは、3本狙って2本入っているのではなく、3本狙って1本。たまにTやDにキャッチしていると…。

#あ、なんか自分で書いていて、だんだんつらくなってきたぞ(^^;



狙った3本のうち2本がきちんと入るとしても、01の上がりラウンドだったりすると、外れるのが1本目でバーストするかもしれません。

ということでアレンジを考る時の目標としては、



「シングル3本で上がれる数字、かつ1本ははずれる事を覚悟する(笑)。」



です。(目標としては低いと思うかもしれませんが、実際やってみてください。結構難しいです。)まずはアウターシングルの1つの数字を狙って3本入りますか?ずっと2本入れ続けられますか?狙って2本入るくらいならば、結構な確率でアウターブルにも2本入ります。そしたら2ラウンドに1回はLOWTONな訳ですよ(^^;)カウントアップでコンスタントに600出ます。そんな人は、Cフライトじゃないですよね…。





そうすると、大体最大45ってところでしょうか。20Sに2本ともう一本は外れて5S。だけど、実際は、01残り20以下で、ミス無く1ラウンドupするのですら初心者には大変です。



なので、まず残り50でブル狙い。これはふつうですよね。



んでBULLを外した場合49から30になります。Tラインまではずれたら…もっと練習しましょ(^^;

んでこの49-30だと残り2本で確実にあがる事は難しいでしょう。んで、残り2本で20以下になって次のラウンドってのがほとんど(バーストして振り出しにって事もありますが(笑))。



って事は、初心者は、まずは3本で確実に20以下の上がりが出来るようになる事を目標にしてみます。

もちろん、カウントアップならば3本で50弱を出す事は簡単ですが、たとえば44きっかりを出すってのは、結構難しいのです。



一応、本気で投げている場合:



残り1:1Sを気合いで狙うしかありません(笑)

残り2:1Dを狙う人はほとんどいないですね。D上がりの練習だったり、あとはクリケットで20,18がやたら得意な人。ただ、初心者は、上よりも下の方が得意な方が多いので、やっぱり2Sを狙うのがほとんどです。

残り3:1T狙って、20や18に入ってバーストしたり1S→1Dや1S→2Sなどとやるよりは、「なぜかBULL狙ってドロップして入りなれている3S」を狙うのが普通かと(^^;



小さい数字は、気合いでそのシングルを狙うしかないので気にする事はないのですが…





残り20:

このの場合はどこを狙いますか?

  もちろん20Sですよね?10Dや10S2本ってのもありですけど、10Dを狙って15Sにはずして再度5Sを狙いなおしたり、6Sにはずして14Sを狙うのは、ボードの対角線上を狙い直さないといけないので、Cフラの人は確実に入る確率が下がります。





そろそろ本題です。



では、20のどこを狙って投げるのがいいのでしょう?



アウターシングルの真ん中!って方がほとんどだと思いますが…、初心者の人は狙っている様で、漠然と「あの辺」って投げている方が多いと思います。



BULLを狙うとき、ボードの真ん中"辺"と思って投げている人はあまりいません。もちろん赤い○、出来れば黒い○をしっかり狙って投げていると思います。



それと同じで、アウターシングル20を狙うときも、きちんと真ん中のを意識して投げてみましょう。できれば、セグメントのビットを意識して。これだけでも、集中力が変わります。



んでも外れるのだから、どうせなら2ビットほど右を狙って投げると、ほんの少し幸せになるかもしれません。



20S狙って1Sに外れた場合残りは19です。逆に5Sに外れた場合、残りは15です。

どっちが狙いやすいですか?きちんと投げられれば、左右よりも縦にブレる事が多いですよね?19の方が狙いやすくありませんか?19S狙って7に外れたら次は12です。上のほうであまりなれていないので狙いにくいかもしれません。ただ、12の左右は9と5なので、更にブレてもバーストする確率は低いのです。



逆に19Sねらって3に外れたら、次は16です。



実は16という数字、おいしい数字で、隣の8に外れたらそこにもう1本。8のダブルに外れたらあがり(笑)という本当においしい数字です。アレンジで32にする(なる?)と16D→8D→8Sとほぼ同じ場所で狙いやすい数字だったりします。



ということで、19Sを狙う時は、アウターシングルの真ん中から2ビットくらい右の3寄りを狙ってみるのがいいかもしれません。





外れるのを前提に考えるのはばかげていると思うかもしれません。



確かにその通りですが、外すのを前提にするというよりも、「漠然と投げていたものをビット単位で狙って投げる癖をつける」という考えかたです。



外れても次のねらい目があれば集中力も持続しますし、何より楽しいですから(^^;。



楽しく投げるのは重要だし、ビットを意識するのも重要だと思うので、考えて書いてみました(笑)。



いじょっ!



#要するに仕事が忙しくて投げに行けないというストレス発散をしてみただけ…<をい

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2006年9月15日 11:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Xリーグ」です。

次のブログ記事は「ダーツをする場所」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。