« 農薬ギョーザ | ホーム | 納得できないシリーズ:カードサイズ »

2008年1月31日

やってはいけないこと。

農薬入りの餃子は駄目だねぇ。



たとえば、これ、日本でやったら、どんな原因でも二度と営業はできないですよね。

中国の場合はどうなるんでしょう。原因にもよるだろうけど。



たとえば、ラインの人間が、故意に殺意で入れた場合。

これは、まぁ、管理責任はあるけど、会社も被害者だからさ…。

きちんと管理体制を整えれば、まぁ、再開もありだよね。



だけど、会社ぐるみでわかっていた場合、これは許されませんな。

無差別殺人未遂ですよ。



まぁ…なんだ。もしかしたら、輸入した後誰かが倉庫にもぐりこんで農薬を小さな針で無差別に袋に注射した…なんてオチだったら日本は立ち直れませんけどねぇ(^^;



ここで問題。

農薬入りの餃子と、消費期限を改ざんした食品、どっちが問題でしょう?

私は、どっちも駄目だと思うんですね。食べ物は絶対に安全じゃなくてはならない。人間として、償えば許される事と許されないことがあります。

なので、赤福の営業再開はとても疑問です。餃子と違って多少期限が過ぎてても死ぬことはないだろうとか…そういう問題じゃないんだよねぇ。まぁそこで働いている人たち、その家族を考えると、まぁ複雑ですが。

即日完売しなきゃいけない製品じゃないんだから生産コントロールきちんとやろうよ…。

#3ヶ月経って、営業再開。初日に出回った製品の一部に3ヶ月前に製造された製品が混入…なんて笑い話だけはやめてほしい。





んで、もう一個疑問なのが、極楽とんぼの山本の、復帰。

欽ちゃんの発言の報道を見ると、マスコミの報道が間違ってるのかな?とも思えるんです。「復帰を示唆」なのか「謝罪する場を提供することを示唆」なのかイマイチ微妙なんですよね。後者ならまぁありかな…と。でも、前者はありえないでしょ。未成年強姦容疑ですよ。不注意で怪我させたとかじゃないんですよ。人間としてやっちゃ駄目でしょ。示談が成立したからって許されるものではないと思う。

まだ、覚せい剤に手を出している芸能人の方が絶対まともな人間な気がしますよ、私は。人ではなく自分を壊しているんだからね。そういう意味では売るほうは許せませんけど。



ちなみに、すかいらーくグループ。中国製品の使用停止は対応早いねぇ。外食産業なのでイメージとか不安が即日売り上げに響くから当然なんだろうけど。すかいらーくなら二次被害はなさそうだわ。



玩具に続いてだけど、これで中国製品はみんな悪い…というレッテルがつかなきゃいいんだけどね。良いものもたくさんあるし、中国人も良い人沢山知ってるし。



とりあえず、四川、上海、広東、北京料理…中国料理はみんな好きだし(^^)。



逆に、中国の人も、日本人が中国を悪者にして…とか、日本人は虚弱体質だ!なんて事を言わないでほしい。まぁ、日本人の悪いところはいっぱいあるけどね。



いいところはいい。悪いところは悪いときちんと線を引いて考えて行きたいな…。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2008年1月31日 22:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「農薬ギョーザ」です。

次のブログ記事は「納得できないシリーズ:カードサイズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。