2008年6月アーカイブ

2008年6月30日

IPhone:料金

携帯電話:価格競争進み料金値下がり 端末は値上がり - 毎日jp(毎日新聞)

 ただ、ソフトバンクはアイフォーン専用の料金体系を新設。基本料金980円に、データ通信使い放題の5985円などを加えた月額7280円。本体の分割払いを加えると、利用者は2年間で最低19万7760円必要になるうえ、2年を過ぎても安い料金プランに変更できない。


iPhoneがらみで…、最近の携帯電話、んで通話料…すごく安いイメージがあったんですけど…。



新規契約後、2年つかうと…、最新のパソコンとかいろいろ買える値段なのですねぇ。20万か…。



パケット代+通話料+あと有料コンテンツ料で1万前後のかた。

2年で中古の軽自動車が買えちゃいますよー。家族で2万超しているところは、2年で中古の普通乗用車が買えてしまう(^^;



確かに、最近の高校生が「小遣いは携帯代に消えて、それ以外はバイト必須…」っていうのがわかる気がする。



iPhoneかわずに、普通の携帯で安いプランにして、iPod touchを買うのが正解なのではないでしょうか?<いまどきの携帯、フェリカ(お財布携帯)ついててワンセグも見れるし。別にほしいの出てきたら別々に機種変できるし。

MHP2G 最後の招待状(村下位)

友人に借りた、「本日ももっと!逆鱗日和/大塚角満」を読んでいて...。

無性に「最後の招待状」をやりたくなりました。

村長さん(村下位)のクエストとはいえ、あのラージャン2頭ですよ。

やっぱり特別なものがあって、これを除く村下位のクエストをすべてクリアした状態で、ずーと手を出せずに居ました。やっぱり特別なものがあります。

しかし、400時間を越えたので一発勝負で行きました。

回復系アイテムや罠、秘薬その他すべてを詰め込んで。



んで、開始直後シビレ罠をかけようとして...

......

...

忘れたっ!!!<をい

あわてて調合して、動揺しつつも罠をかけて、△で抜刀切り込み、△切り、△切り、鬼人化、乱舞。うまく繋げて(今までなら鬼人化した状態でトコトコ歩いていって乱舞...だったよなぁ...)ダメージを入れていく。8分過ぎたところでマーカーが黄色に。隙を突いてシビレ罠を調合しようとした瞬間に、スーパーサイヤ人の元気玉が炸裂...。一落ち。

気を取り直して、きっちり罠を調合、ついでに回復薬もハチミツと調合して回復薬Gにしておく。2頭目の登場に時間が無いため、速攻で入りなおし、罠をかけて、うまく捕獲完了。これで罠を使い切る。

すぐさま2頭目が飛び込んでくるので、こっちはタイマン勝負......。

と思うが...、でけぇ...。1頭目はうわさどおり小さいんだねぇ...。

それでも、攻撃をうまくかわして、斜め前に回避しつつ間合いをつめていく。ちょっと距離があるけど、収鞘からの△で切り込み、鬼人化に繋げていく。トータル22分44秒で2頭目の討伐完了。

最後の招待状1



クエスト成功・最後の招待状

最後の招待状2



村長さんからもお褒めいただきましたっ!

最後の招待状3



これで、晴れて村下位の村長さんクエスト、すべて紫文字にてCLEAR!!です。

最後の招待状4



ギルドカードの狩人生活日記。

最後の招待状5

この日はなんか、絶好調じゃないですか(笑)



でもね...。なんかちょっと放心状態です。

まだまだやることはあるんですけど、ちょっとだけ、物悲しかったり...。

おもしろいメール??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

XXXXさま < わたしの苗字。しかも変換ミス…。この時点で怪しい。

Sub:新井XXXX様激励会実施の件

Date:2008/06/28 18:30

From:kazuXXXisXXX@docomo.ne.jp

Message-Id:



ご無沙汰しております。

冷蔵庫営業部に在籍されていた新井XXXX様が7月20日付けで退職されることとなりました。

つきましては、OBも含め、冷蔵庫関係者にて激励会を下記日時で実施したいと思います。

お手数ですが、6月30日(月)までに出欠のご返信をいただければ幸いです。



7月4日(金) 18:30〜 場所は後日連絡します(新橋界隈)。

以上よろしくお願い致します。日立 石田

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



なんか、リアルなんですけど…、あて先間違えたにしちゃ。

私は石田って知り合い居ないしなぁ…。

ましてや、天下の日立に知り合いも居ないしなぁ…。



冷蔵庫営業部ってのが実際にありそうなんですよねぇ…。

微妙にリアルすぎて、アドレス晒すのは可哀想なのでやめておきますが…。



だれか、日立の石田さんとか、冷蔵庫営業部の新井さんって方を知っていたら、ご連絡ください(^^;。





さて、これは釣りメール?

2008年6月24日

MHP2G 天鱗が2枚

そういえば、雌火竜の天鱗ですが...。

出るときにはでるもんですねー。



天鱗2枚



報酬をみて思わず、「うおっ!?」と叫んでしまいました。

普段は、あまり騒がない(と自分では思っている)私ですが、このときばかりは、何が起きたのか一瞬わかりませんでした。



その後の討伐でも1枚出て、この日は合計3枚手に入りました。

こうなってくると、やっぱり欲が出てくるもので、あと2枚集めて、GルナZが欲しくなりますね。捕獲+運気+αで、守備力もかなり高いですし。



とはいえ、今は狩猟笛の練習をしていますので、PT用に、

「笛吹き名人」「広域化+2」「体力回復アイテム強化」あたりのスキルセット防具を作るのが先かなぁと。

そうなると、笛シングル用に、「笛吹き名人」「高級耳栓」「状態異常攻撃強化」あたりのスキルセット防具も欲しいですし...。



まだまだいろいろやりたい事は沢山ありますねぇ。

2008年6月20日

MHP2G アカムトルム

今日の昼休み、会社の連中とアカムトルムに行った。

一番うまい後輩のセカンドキャラ のGへの引き上げです。

このセカンドキャラ、弓で装備も紙状態。



私には絶対無理だなぁ。

#いや、まて。もしかして今なら、装備無しでもクックくらいは倒せるか?<むなしい…



んで、いつもの会社4人で行ったのですが…

アカム…可哀想でした(涙)。



なんかね、今までなら、潜ったら「極悪マグマ攻撃」じゃないですか…。コノヤローって感じだったんですけど。



今日は、HR9の極悪武器3人でタコ殴りなわけですよ。潜ろうとしているのを見ていると…、攻撃のために潜るのではなく、とにかく逃げたいっと思っているかのように見えてくるんです(^^;。しかも潜りかけても、怯んでしまい、潜りがキャンセルされてしまいます。



なんか、見ていてちょっとだけ悲しくなってしまいました。

結局5分計でクリアしてしまったんですけど(^^;



いつか、正々堂々と、ガチで 1.vs.1 で戦いたいと思います。



…いま現在は…私のキャラが可哀想なので、やりません<をい

だって、タコ殴りにされるんだもの…。

2008年6月19日

MHP2G 天鱗ゲット!G級「久遠の女王」にて

G★2「久遠の女王」原種にて。



レイア

35分もかかって倒しましたっ!



天鱗

やっぱり出ないかなぁ...と思いつつ、報酬を見ると、あの朝日マークのようなアイコンがっ!



早くセーブしないと無くなる気がして(^^;、スクリーンショット撮りそびれた(笑)



これで、コウリュウノツガイが生産できましたっ!

これによって、G級の鳥が楽になったので、試し切りにGゲリョスも狩って、狂走エキスも4つゲット。

なんか、いい感じ?

2008年6月18日

MHP2G 雌火竜の天鱗

なんか、最近頭痛がずーと続く感じがするのと、平衡感覚がおかしい感じが続いてます。ちょっとやばいかな…。焼肉食って栄養補給しないとだめか(笑)?



物欲センサー発動中:雌火竜の天鱗

でません…(涙)。



火属性:コウリュウノツガイがほしいなぁ…。

水はアメザリクロウで問題なし。



その他募集素材:

岩竜の重殻*3(バサルモス)、白銀のたてがみ*3(キリン)

雪獅子の靱尾*2(ドドブランゴ)、ゴム質の特上皮*6(ゲリョス)

鎧竜の重殻*2(グラビ)、黒鎧竜の重殻*1、黒鎧竜の天殻*1(グラビ亜)

ってのが武器強化素材として必要…。全部G級クエストですよ…。



さて掲題の

【雌火竜の天鱗】

って、もしかして普通に倒すだけじゃ出ないのか?



捕獲。頭破壊。尻尾剥ぎ取り。落し物…うーむ。

竜王の系譜は、基本報酬って情報もあったんだけど…。



頭壊して、尻尾切って剥ぎ取り、落し物は拾ってみて、最後に捕獲…これを繰り返さないとだめなのかも…。クリアできそうに無ければ、尻尾切断後ダメージ覚悟で即剥ぎ取りが必要?落し物も、足元に関わらず、ダメージ覚悟で拾う…と…(^^;



クリアはできなくても尻尾くらいきれるかな?<Gレイア


2008年6月16日

週末は狩り三昧

先輩後輩の3名で、週末は狩り三昧でした。

後輩が、訓練所をがんばって上位ミラを出したので、3人でチャレンジです。

黒龍

昼休みに同じ部署の人たちとGミラをやったりしているので、私は何度か行っているのですが、やっぱり格好いいですね<ミラ

んで実際やってみた感じ...。

「あれ?ダメージこんなもん?3人ならいけそうな感じだな...」ということで、1回撃退、2回目に討伐成功!と相成りました(^^)。



さて、帰ってきて、一人でGはきついしなー。ちょっと武器を強化しておこうってことで、



双剣 メルトブレイヴァー を作ろうということで、素材集め。

いや、基本から強化していこうとしたら、クリムゾンクラブで真紅の角が必要だったりして...。また、下位の素材ってあまり無いのですよ(^^;。ということでモノブロス狩り。双剣で角破壊って結構大変(^^;

んで、おまけで

モノブロスハート

こんなものまでもらいました(^^)。

2008年6月13日

PSPにCFW導入(その6)

昼休みの4PT

記念撮影(^^)。



クシャルダオラの討伐です。

ほかの3名は、私よりも全然リアルスキルが上ですので、毎回足を引っ張っています(汗)。



というように、スクリーンショットが撮れるようになるんですねぇ。楽しいですよー。



#SONYのメーカー保障が無くなるけどねっ!<をい



なので、買ったばかりの新品をCFW化するのはちょっとね...。

 ・壊れたときに修理に1週間以上待てない。

 ・代替のPSPがある。

 ・保障期間がすでに切れていて壊れたら自力で直すor買いなおす。

 ・バラシ、改造、チューニングなどのキーワードを聞いたら血が騒いで収まらない。



などに当てはまる方は、Blogネタなどにドーゾ!(笑)。






2008年6月12日

PSPにCFW導入(その5)

さて、念願(?)のスクリーンショットです。



プラグインとしては、いろいろありますが、

♪キー単体でスクリーンショットが撮れる

というのが気に入ってscreenshotbmp.prxを導入します。



複数のキーを押すことで撮れる物などもありますが、撮りたい時に撮れていないと寂しいので、キー一発ってのが一番でしょう。



http://psp.4mac.jp/



http://psp.4mac.jp/forums/index.php?topic=273.msg2485#msg2485

スレッドからダウンロードできます。あ、フォーラムのユーザ登録してくださいね。

#登録するとダウンロードのリンクがみえるようになります。



screenshotbmp_plugin for 380M33.rar をダウンロードして解凍します。



これ、sourceもついているんですよ。プログラムを組むことが無くなって久しいですが、やっぱりsourceが付いている配布ものを見ると、ワクワクしてしまいます(^^;



メモリースティックをUSBモードでマウントします。

展開したファイルのscreenshotbmp.prxをメモリースティックのルートにあるsepluginsフォルダへコピーします。(sepluginsフォルダが存在しない場合は作成します。)

vsh.txtとgame.txtにそれぞれ、以下の1行を追記します。



ms0:/seplugins/screenshotbmp.prx



初めての場合は、新規に.txtファイルを作ってください。



メモリースティック

├seplugins/

│├screenshotbmp.prx

│├game.txt

│├pops.txt

│├game150.txt

│└vsh.txt

├PICTURE/

 └capture/ ←保存される



pops.txt と game150.txt はPS1のゲームや、1.50カーネルのソフト上でプラグインを有効にする場合に必要ですが、XMBと通常のゲーム中にプラグインを有効にするだけの場合は必要ありません。





リカバリーモード(Rボタン押しながら電源on)で立ち上げ、Plugins ->にの以下二つをEnabledにします(カーソルを移動して赤文字にした後×ボタン)。

screenshotbmp.prx [VSH] (Enabled)

screenshotbmp.prx [GAME] (Enabled)



BackでXMBに戻る。



以上。



これで、ゲーム中や、XMBメニュー中に、♪ボタンでスクリーンショットが撮れます。


2008年6月11日

PSPにCFW導入(その4)

モンスターハンターポータブル2Gで導入された、メディアインストールですが、データの大部分をメモリースティック上に置くことで、UMDメディアからの読み出し回数を減らし高速化を図っています。MHP2から遊んでいる方にとっては、劇的に速くなったことを実感していると思います。MHP2Gでは、ISOファイルのMSからの起動と、UMD+メディアインストールではそれほど速度差はでないようですが、モータの駆動がなくなる分、バッテリーの持ちはよくなると思われます。またクエストクリア時の集会所への戻りが、UMDより若干速いみたいです。



CFW化したPSPであれば、それほど難しくないので、実際にやってみましょう。



UMDのイメージをそっくりそのまま、MSにコピーしますので、かなりでかいファイルになります。

MSも最低でも2GB、できれば4GB以上を用意するのが理想です。8GBでもいいのですが、コストパフォーマンスを考えると4GB2枚とかの方がいいかもしれません。ちなみにMicroSDをMSにするアダプタでも動くことがありますが、MicroSDは速度が遅いのでやめたほうがいいです。UMD+メディアインストールのほうが格段に速い事もあります(笑)。

やっぱり、SanDiskのUltraIIの4GBあたりがいいですね。

 Your Own Risk Your Own Risk Your Own Risk



3.CFW3.90M33-3でISOファイルを使う



3.1.ソフトの導入



いろいろな方法で吸出しができます。CFWとPCのみで別ソフトを必要としない方法もありますが、今回はPSP Filerという、ファイル管理ソフトを使ってみます。これは吸出しソフトではなく、昔からあるファイル管理の総合ソフトです。

ツリーでファイル確認をして、ファイル名の変更とか、属性変更とか、いらないファイルの削除とか、テキスト、画像の表示までできますので、結構便利ですね。MS-DOSの時代ならFDとかFMとかいわれていたやつです。<誰も知らないって(笑)。



http://www.geocities.jp/mediumgauge/

に5.1+があります。のでダウンロード後、解凍してください。

解凍したフォルダの中に、kernel3フォルダがありますので、このフォルダをMS(MMSではなく、通常使っているやつ)の¥PSP¥GAME¥にフォルダごとコピーしてください。



3.2.ISOの吸出し



XMBのゲーム⇒メモリースティックから、PSP Filerを選んで起動します。

初回起動時は、言語選択画面が出ますので、日本語を選んでください。

MSのフォルダ構成が表示されます。

△ボタンを押して、メニューを表示します。

この状態で「R」を押すと、UMDの吸出しになります。

ファイル名を聞かれますので、半角英数字(の短め)でファイル名をつけます。MHP2G.isoとか。

確定を選ぶと、吸出しが始まり、残り時間が表示されます。

完了まで待ちましょうー。

読み出しが終わったら、Xで戻り、HOMEボタンで終了します。



これで、MSの、isoフォルダに、MHP2G.iso というファイルが出来上がっているはずです。



3.3.起動設定

一旦PSPの電源を完全に落とし(ACを抜いて、バッテリーも付け直す)、Rボタン+電源で、リカバリモードを起動します。

リカバリモードの決定ボタンは、設定により○か×が変わっていますので、自分の環境を確認してください。

Configuration ->を選択。

UMD Mode    にカーソルを合わせて、決定ボタンを押します。

M33 driver -NO UMD- が表示されるようにしてください。

その後、Back→Exitでリカバリモードから抜けて再起動をします。



これで、XMB上から、ゲーム⇒メモリースティック 上にMHP2Gが表示されるはずです。





3.4.確認



実際に実行してみます。

メディアインストールをオフにするだけでも大丈夫だと思いますが、まずは、オプションを初期値に戻すを選んでください。

これをオフにする前に、MS上のメディアインストールファイルを削除してしまったら、おかしなエラー(メディアインストールをオフにしているにも関わらず「読み出しに失敗しました」というエラー)が出るようになってしまい、オプションの初期化で元に戻りました。



また、メモリースティック上のISOファイルから起動された場合に、メディアインストールをONにすると、オーバーヘッド分若干ですが遅くなります。メディアインストールはOFFにしましょう。一度初期化した後の、BG読み込みなどはご自由にどうぞ。



うまく動作確認ができたら、MSのフルバックアップを一旦取りましょう。

あとは、SAVEDATAフォルダの中の、ULJM05500DATだったかな?(DATがついていないほうはMHP2Gのセーブデータなので間違えても消さないように。)に数字だけのファイルが山ほどあるんですが、それがメディアインストールのデータです。このフォルダを消すか、XMBのセーブデータからインストールデータを削除してください。



これで完了です。

PSPにCFW導入(その3)

自分の覚書のために書いているので、ほかの人がどこか手順をすっ飛ばして、画面が真っ黒になって止まってしまっても、検証することができません。どうすればいいですか?と聞かれても、「Your Own Risk」ですので、自分でがんばって解決してください…としか言えません。



ちなみに、Your Own Risk を調べて出てきた

http://glossary.tank.jp/t0AB7.html

…大爆笑(^^;



※ところどころに間違いがありそうですので、以下の通りにやるとたぶんPSPが壊れます(笑)。



 Your Own Risk Your Own Risk Your Own Risk





カスタムファームウェアを最新にする。



2.CFW3.71M33-2⇒CFW3.90M33-3

2.1.UUv5のMMSをCFWのPSPで作成する。

2.2.フラッシュのバックアップ(前回とって居れば必要なさそう…)

2.3.CFW3.90M33-3をインストール

2.4.確認





さて、UUv5のMMSを作るところからはじめよう。というか、これができてしまえば、残りは前回と同様の手順で最新版にすることができる。



前回との違いは、前回はMMSをPCで作った。今回はCFWのPSPで作るという点だ。



CFWのPSPでは、自作のソフトが動作する。今回のDespertar del Cementerioはその機能を使っている。



自作ソフトである、Despertar del CementerioをCFW上のPSPで起動する。

このソフトは自分自身が入っているMSをMMS化する。

その後、MMSとJigKickバッテリーを使って最新のCFWにアップグレードする。



という手順になる。

2.1.UUv5のMMSをCFWのPSPで作成する。



■Despertar del Cementerio v5を準備。

http://dl.qj.net/Despertar-del-Cementerio-v5-PSP-Homebrew-Applications/pg/12/fid/16493/catid/151

から、Despertar del Cementerio v5 のファイル 16493_dc5.rar をダウンロードする。



rarファイルなので解凍しましょう。DC5というフォルダが生成されます。



■公式FW 1.50、3.40、3.90を準備。

これは、SCEのホームページからダウンロードすることができたローカルアップデート用のファイルです。

ネットワークアップデートでは、ネットワークからダウンロードしてそのままアップデートがかかってしまうので気がつきにくいのですが、ダウンロードしたファイルをMSに入れてローカルでアップデートする手段もありました。

そのときに使うアップデートファイルが必要です。

新型PSPで1.50を準備してもし1.50を書き込んだら壊れるんじゃないの?と感じるかもしれませんが、UUv5のメニューには1.50へアップロードすることはないので、心配する必要はありません。

http://www.psp-hacks.com/category/36

あたりのリンクを探してダウンロードしてください。ダウンロードしたファイルを解凍するとEBOOT.PBPというファイルが作られますので、それぞれ150.PBP , 340.PBP , 390.PBPというファイル名に直してください。



必要なファイルの準備が終わりました。





■MMSのPC上でのフォーマット



前回使用した、MMS用のメモリースティックPRO DUOをPSPに挿します。

フラッシュのバックアップをきちんとPCにとってありますね?

一度フォーマットしなおしますので、純正FWの時に取ったフラッシュのバックアップをきちんとPCにとっておきましょう。



PSPとPCをUSBケーブルでつないで、PSPをUSBモードにします。

PC上から、メモリースティックを、右クリックでフォーマットします。



 ファイルシステム:FAT32

 アロケーションユニットサイズ:標準のアロケーションサイズ

 ボリュームラベル:空白

 クイックフォーマット:チェック無し(クイックフォーマットしない)



■mspformat でフォーマットします。

前回と同様です。





■必要なファイルをMMSにコピー



MS:TOP

 ├PSP/

 │└GAME/

 │ └DC5/ ←ダウンロードして解凍したフォルダを丸ごとコピー

 ├150.PBP

 ├340.PBP

 └390.PBP



これでMMSを作成することのできるソフトDespertar del Cementerioが入った、MMSフォーマットのメモリースティックの準備が終了しました…紛らわしいな(笑)。



■Despertar del Cementerioの実行

Despertar del Cementerioを実行することで、自分自身のメモリースティックにCFW化するファイルを展開することができます。



PSPを普通のバッテリーで普通に起動します。

ゲームのメモリースティックに、Despertar del Cementerio v5があるので、起動します。

"Press cross to begin the installation."

と表示されるので、

×ボタンを押しましょう。



Writing …ファイル… OK

Writing …ファイル… OK



と出て、自動的にXMBに戻ります。



この後、MSをPCでマウントしてみます。

フォルダ構成が追加されていますので、MSのトップにある、tm/ フォルダに config.txt というテキストファイルを作成し、

NOTHING = "/TM/DC5/ipl.bin";

と記入してセーブしておきます。



これで終了です。



※ちなみに、別のPSPをCFW化する場合、MMSの、/TM/DC5/registry/act.datを削除してから、カスタム化してください。







2.2.フラッシュのバックアップ(前回とって居れば必要なさそう…)

純正ファームから、カスタム化する場合は、必ず、フラッシュのバックアップを取って、PCに保存してください。





2.3.CFW3.90M33-3をインストール



UUv5のMMSをセットして、JigKickバッテリーをセット。

電源の緑のLEDがついてメニューが表示されます。



×ボタン:CFW3.90M33-3インストール

○ボタン:純正3.90インストール

□ボタン:MMS内にnand-dump.binを作成

L+R+START+HOME:MMS内のnand-dump.binから復元

で×ボタンを押す。

待つ。

完了。

JigKickバッテリーをはずす。

MMSを抜く。



2.4.確認

通常バッテリーを入れる。

電源を入れる。

ファームが3.90M33-3になっていることを確認する。

PSP本体で設定の初期化をしてください。

とりあえず日本語にしましょう(笑)。

電源を切ります。



これで、最新のCFWになりました。



次回は、UMDの吸出しと、メモリースティックからの起動です。

2008年6月10日

PSPにCFW導入(その2)

前回の情報を踏まえて、以下の流れでの作業になります。



※ところどころに間違いがありそうですので、以下の通りにやるとたぶんPSPが壊れます(笑)。



 Your Own Risk Your Own Risk Your Own Risk



1.純正FW3.90⇒CFW3.71M33-2

1.1.UUv3のMMSを作成する。

1.2.フラッシュのバックアップ

1.3.CFW3.71M33-2をインストール

1.4.確認

1.5.○と×が入れ替わるので、いやなら修正



特に参考になったサイト 蛇雲籠怒⇒新型PSP改⇒Step1-3 手動でMMS(UUv3)





2.CFW3.71M33-2⇒CFW3.90M33-3

2.1.UUv5のMMSをCFWのPSPで作成する。

2.2.フラッシュのバックアップ(前回とって居れば必要なさそう…)

2.3.CFW3.90M33-3をインストール

2.4.確認





3.CFW3.90M33-3でISOを使う

3.1.ソフトの導入

3.2.ISOの吸出し

3.3.起動設定

3.4.確認





4.CFW3.90M33-3でプラグインを使う(スクリーンショット)

4.1.プラグインの導入

4.2.プラグインの有効化

4.3.動作確認



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Your Own Risk Your Own Risk Your Own Risk



1.純正FW3.90⇒CFW3.71M33-2

1.1.UUv3のMMSを作成する。

1.2.フラッシュのバックアップ

1.3.CFW3.71M33-2をインストール

1.4.確認

1.5.XMBで、○と×が入れ替わるので、いやなら修正





1.1.UUv3のMMSを作成する。



■http://dl.qj.net/Pandora-s-Battery-PSP-Homebrew-Applications/pg/12/fid/14362/catid/151

から、14362_pandora.zipをダウンロードして解凍します。

使うのはmspformatだけです。mspformat.exeをパスの通ったフォルダにコピーしてください。



■準備した、MMS用のメモリースティックPRO DUOをPSPに挿します。

■UMDを抜いて、PSPの電源を入れます。ゲームの続きがレジュームしてしまった場合は、HOMEを押して終了させ、XMB(PSPのメニュー)を起動します。

■PSPとPCをUSBケーブルでつないで、PSPをUSBモードにします。

■PC上から、PSPのメモリースティックがリムーバブルメディアとして見えているので、右クリックでフォーマットを選びます。



 ファイルシステム:FAT32

 アロケーションユニットサイズ:標準のアロケーションサイズ

 ボリュームラベル:空白

 クイックフォーマット:チェック無し(クイックフォーマットしない)



開始を選んでフォーマットします。終わったら「閉じる」で閉じてください。



■この後、再度、mspformat でフォーマットします。

コマンドプロンプトから、



C:¥> mspformat x



と入力しEnterを押す。

※xはPSPのマウントされたドライブ名。":"はいらない。

⇒NG: C:¥> mspformat x:

⇒OK: C:¥> mspformat x



マウントされたドライブは、eだったりfだったりしますので、きちんと確認してください。



You are about to format the drive x.

All date will be lost. Do you want to continue?[Y]



と確認されますので、"y"、その後Enterを押す。

Drive succesfully formatted, and partition moved.

か、

Pseudo format is not necessary

が出たら、フォーマット終了です。



コマンドプロンプトを閉じて、メモリースティックを抜いて、USB接続を終了させてください。







■次に

http://www.pspmod.com/forums/firmware/26421-easy-magic-memory-stick-method-works-xp-vista.html

から、

msm.rarをダウンロードし、解凍します。

# ちなみにLhaca デラックス版1.24 を使うと楽です。1.23ではうまく解凍できないので、バージョンを確認してください。



解凍したフォルダ

 ├ms/

 │├kd/

 │├PSP/

 │├registry/

 │└371.PBP

 ├msinst.exe

 └MSIPL.BIN





■解凍したものをメモリースティックに転送します。

フォーマットした、MMS用のメモリースティックPRO DUOをPSPに挿します。

PSPの電源を入れます。ゲームの続きがレジュームしてしまった場合は、HOMEを押して終了させ、XMB(PSPのメニュー)を起動します。

PSPとPCをUSBケーブルでつないで、PSPをUSBモードにします。



MSのTOPに解凍したファイルをコピーします。



MS:TOP

 ├kd/

 ├PSP/

 ├registry/

 ├msinst.exe

 ├371.PBP

 └MSIPL.BIN



となるようにします。msのフォルダの内容が1段上に変わりますので注意してください。



■msinst.exeの実行

コマンドプロンプトを開きます。

カレントドライブを、MSのドライブにします。

C:¥>x:

X:¥>



msinstを実行します。

 X:¥>msinst x x:¥msipl.bin



第2、第3引数は、MSのドライブです。

MSがeならば、

C:¥>e:

 e:¥>msinst e e:¥msipl.bin

となります。





Are You Sure ? [Y]

に対して、"y"、Enterを入力してください。

問題なければ、Write MS BOOT CODE と表示され、完了です。



コマンドプロンプトを閉じて、メモリースティックを取り出し、USBモードも解除します。



やっと1.1.が終了しました。









1.2.フラッシュのバックアップ



■UUv3のMMSをセットして、JigKickバッテリーをセット。

電源の緑のLEDがついてメニューが表示されます。



×ボタン:3.71M33-2インストール

○ボタン:3.71インストール

□ボタン:MMS内にnand-dump.binを作成

L+R+START+HOME:MMS内のnand-dump.binから復元



で□ボタンを押す。

フラッシュのバックアップで、MMSにnand-dump.binという名前でバックアップ

電源が自動で切れる(電源の緑のLEDが消える)



MMSをPCにマウントして、nand-dump.binをPCにバックアップ。







1.3.CFWをインストール

UUv3のMMSをセットして、JigKickバッテリーをセット。

電源の緑のLEDがついてメニューが表示されます。



×ボタン:3.71M33-2インストール

○ボタン:3.71インストール

□ボタン:MMS内にnand-dump.binを作成

L+R+START+HOME:MMS内のnand-dump.binから復元

で×ボタンを押す。

待つ。

完了。

JigKickバッテリーをはずす。

MMSを抜く。



1.4.確認

通常バッテリーを入れる。

電源を入れる。

ファームが3.71M33-2になっていることを確認する。

PSP本体で設定の初期化をしてください。

とりあえず日本語にしましょう(笑)。

電源を切ります。



1.5.XMBで○と×が入れ替わるので、いやなら修正

一度ACアダプタとバッテリーをはずして、付け直します。

Rを押しながら電源をいれます。

リカバリーモードで立ち上がります。

Recovery Menu - Registry Hacks

 Button assign (currently X is enter)

にカーソルを合わせ(赤くして)×ボタンを押します。

押すたびに、O と X が変わります。

 Button assign (currently O is enter)

と表示されている状態が、○ボタン決定、×ボタンキャンセルです。

自分の好みに合わせて設定しましょう。

設定が終わったら、BackでTOPに戻って、Exitを選びましょう。



XMBに戻ります。

これで1段階のCFW化が終了です。







次回は、CFWを3.90M33-3にバージョンアップします。

PSPにCFW導入(その1)

 Your Own Risk Your Own Risk Your Own Risk



必要なもの

・PSP2000(本体、ACアダプタ、もちろん純正FWです。)<当たり前ですね

・JigKickバッテリー<買うか借りるか作るかです。

・メモリースティックPRO DUO(NANDバックアップを取る都合上256MB以上推奨…。売っていないので512MBを準備した。)

・XPのパソコン

・PSPとパソコンをつなぐUSBのケーブル



あると意味があるもの

・普通にデータセーブしたりするメモリースティック(4GBくらいのでっかいやつ)







初回のCFW導入の時点で、CFWのPSPは必要ありません。

JigKickバッテリーがその辺では売っていないので、インターネット等で注文することになります。私は1990円で購入しました。持っている人がいれば、借りてもいいでしょう。

CFWのPSPがあればJigKickバッテリーを作ることもできるようですが、それ用に純正バッテリーを買うと4000円程度しますので、通販でJigKickバッテリーを買ってしまうのが一番リーズナブルでした。



※調べていて混乱した点:よくインターネットの情報やBlogなどにDGとありますが、”ダウングレード” と考えてしまうとニュアンスが違い混乱のもとになります。公式3.90をCFW3.90M33-3にするのだから、ダウングレードではなく、ファームのカスタム化もしくはファームの書換と考えるべし。





とりあえず、それぞれの説明。



JigKickバッテリー(TOOLバッテリーともいう)

 バッテリー単体の事。市販のバッテリとの違いは、電源供給をするとそのままメンテナンスモードに移行する点。イメージとしては、「携帯に、バージョンアップデータの入ったマイクロSDを入れて、専用の携帯バッテリーを入れると自動的にアップデートインストールされる」みたいな感じ?



マジックメモリースティック(MMS)

 JigKickバッテリーを使って読み込ませるためのメンテナンス専用メモリースティック。市販のメモリースティックPRO DUO(256MB-4GB)とWindowsXP上のソフトを使って作成する。

 

パンドラバッテリー

 JigKickバッテリーとMMSのセットの事。バッテリーといわれるが、バッテリーのハード製品名ではなく、どちらかというとハードとソフトの組み合わせのメンテナンスツールの総称とか概念の意味合いが強い。



使用例:

 ○パンドラバッテリー買いましたー。 ⇒JigKickバッテリーとMMSが送られてくるはず。

 ○TOOLバッテリー買いましたー。   ⇒バッテリー単体が送られてくるので、MMSは自分で作ろう。

 ×パンドラバッテリーが煙を吹いて壊れました。 ⇒壊れるのは、JigKickバッテリーか、PSPか、メモリースティック。



調べてみたら、

UUv3のMMSを作成するには、CFWのPSPが不要。(PCで作成可能)

UUv5のMMSを作成するには、CFWのPSPが必要。(PCで作成可能かどうかわからない)

だったので、



1.PCで、Universal Unbricker v3 の MMSを作る。

2.これを使って、とりあえず純正3.90を、CFW3.71M33-2にあげる。

3.作ったCFWのPSPを使って、Universal Unbricker v5 の MMSを作る。

4.これを使えば、CFW3.90 M33-3にあげることができる。



でCFW最新版になることがわかりました。



…ほんとうか…??



次回は、実際の手順を…。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2008年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年5月です。

次のアーカイブは2008年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。