« 【MH3】いざ、ロックラックへ(その1) | ホーム | 【MH3】いざ、ロックラックへ(その3) »

2009年9月 7日

【MH3】いざ、ロックラックへ(その2)

フレ登録とか、来たメッセージに返すと相手を自分に登録。
ん?自分のを相手に登録してもらうには、今度はこっちから送って登録してもらってやっと両方に登録されるのかな?それとも1往復でいいのか?
よくわからんのだが...。


さてさて、街に出てきたおのぼりさんのLeo君。
先輩ハンター2名に引き連れられて、出向いた先は...。

怒涛のクエストの群れ。

その運命やいかに...。

なんとかHRも上がったので、街で武器やら防具やらを物色してみる...。どれも強化や生産には素材がたりんなぁ...。

ここで、先輩ハンターから呼び出しが。自由区にいるということで、合流してみる。
ドキドキ...。

ハンターが沢山...いないか?そりゃそうだ。閉鎖空間だもんな。
ということで、無事合流。もう1名の先輩ハンターも合流していただき、3名のパーティになる。
『とりあえずLeo君のHRを上げましょう』
...えーと、はい、お願いします。

ってことで、街☆1で残っているのを片っ端から引っ張りまわ...協力していただく。

うをー。ドスジャギィが0分計で足を引きずっ...
うをっ!これがクルペッコかー?すげー。
うが...、なんか後ろから火の玉が...いやーな予感がするんだけど...
れ、れいあだっ!かっこえー。とりあえず、かつて知ったる陸の王女っ!いざっ!
ってうわ、空中でサマソって...。
『どうします?たおします?』『放置でいいんじゃない?』
なんか、すげー余裕な会話してますよ。このハンターたち...(汗)。
まぁ、自分なりに、レイアと戯れてみて、それなりの手ごたえを掴みつつ...。
次...
なんだ?こいつわ...。
これが、ルアルドロスってやつか。
こぶだ、こぶ。トサカかたてがみが知らないけど、こぶ...というか、蟷螂の卵胞?

って感じで、なんとかかんとか、無事、街☆1 をこなしつつ。ドスジャギィ4頭の連続とかをこなして...気付けはもうすぐHR8。
『ところで、ジエン・モーランきてるんですけどいきます?』

な、なんですと?HR1から参加可能ということなんで、まぁ、逃げ回っていれば何とかなるんでしょうけど...。
『カードしていれば大丈夫です。』『わたし広域+2の防具で援助しますねー』
よ、よろしくお願いします。一応、心構えとして、ガードできる大剣とオートガードスキル発動のお守りもって参加します。

いざ、出発。
うおー、すげー、船だ船。砂漠を走る船だぁーっ!
って、はしゃいでいると...、どわっ!でっかいのが後ろから...っ!
うぉぉぉぉぉー、なんじゃこりゃ?

えーとバリスタと大砲ですか? とりあえずバリスタで...。うわ、よってきたぞっ!
とりあえずガードっ。

え゛?
...
「力尽きました...。」

そか、バリスタ使ってたから、剣を構えていなかったからか...。
えーと、気を取り直して...、とにかく剣をだしてガードボタン押しっぱなしで...。いざ。

どーん。
「力尽きました...。」

えーと、ガードとか広域+2のサポートとか...って、かんけーねー(汗)。


船の船底の狭い中で目覚めると、送声管経由で声が...
『どうします?リタイアします?』『んー、どうしようかねぇ...』
す、すみましぇん...。

えと、せっかく準備してきてもらってるし、あの、もし二人にとって意味のあるものならこのまま続けてください。船底で頭から枕かぶっておびえてますので...。
『勿論、こいつの素材はアレなので、意味はあります』
じゃ、あの是非このまま続けていただいて...今回は申し訳ありませんがちょっとだけ寄生させてもらって...
『おk』『おけです』

この後は、音とチャットしか私にはわからないので...(汗)

撃龍槍を試しうちしたとか、横のやりは?いや、それはここじゃなくて次のランクで...とか、楽しそうな会話が聞こえてました。
その間、船底で、転がる樽と戯れていました...。

「いいなぁ、楽しそうだなぁ。いつか、この手でっ!」と決意を新たにした瞬間でした。

一応、時間を見つつ、残り時間報告してました。
「5分きりましたよー」
『さすがに撃龍槍2発はずしているんで、焦りが...w』
とかって、すごい余裕なんですけど...このひとたち。

んで、その直後、撃退。うぉー!!すげー。
そのシーンだけは観光しに行きました...ちょっと虚しい...。


んで、報酬画面。

......、えーと。
ご、ごめんなさい。
なんか、朝日マークがあるんですけど...。
............大地の龍玉。

『えー?』『マジすか?』

す、すいましぇん...。


そのあと、緊急「ボルボロスの狩猟」が出ました。
まぁ、泥ダンゴにされながらも、無事完了。

はれて、HR9。街☆2が受けられるようになりましたとさ。

本当に、ありがとうございましたっ!>お二方。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2009年9月 7日 13:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【MH3】いざ、ロックラックへ(その1)」です。

次のブログ記事は「【MH3】いざ、ロックラックへ(その3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。