« ガチンコフラッグフットボール対決 | ホーム | 引越しです。 »

2010年3月23日

フラッグフットのイベントと1D4+70-200 F2.8IS

昨日は、川崎球場で、社会人アメリカンフットボール リーグ1部のオービックシーガルズと、リーグ2部の相模原ライズのイベントがありました。フラッグフットボールのマジ対決です。
サッカーでいうと、J1とJ2のチームがファンイベントとして、マジになってフットサルをやるようなもの(笑)。
野球だと、日ハムと伊集院のチームが三角ベースを...<ちょっと違う?

マジ対決とは言え、春のシーズン直前のイベントですので、戦略や練習はガチでやっていましたが、もちろん試合はお祭りって事でいいのかな?
とは言え、社会人になっても真剣にスポーツに取り組むような、キラキラした目でスポーツを真剣に楽しむ少年のような人たちばかりです。気付いたらヒートアップしたりしてました(笑)。

ちなみに、ライズが先行されて追いかける状態で入ったハーフタイムは、娘のチアパフォーマンスがあったので、チアのまん前で撮影準備をしていたのですが...ハーフに入った途端、トップチアの亜美さんが、フェンスをバシッっと叩いて、「くやしーっ」って悔しがっていました...。全てに対して全力で応援するチアのトップを見た気がします。
全力でプレイする選手、全力で応援するトップチア、どっちも輝いて見えました。すっげー格好いいっ!って素直に思いました。

さて、この会場で、
seeswayさんが持ってきた、 EOS 1D mark IV にEF70-200mmF2.8IS を付けたものを、覗かせていただきました。

「...なんだ?これ...」
視力調整がマイナス側キツメになっていたとは思いますが...それでも覗いた瞬間、固まりました。

絶対見ちゃいけないものを見た気がします。

工業製品の中に、稀にある芸術品というか、匠が作ったものって言うか...。何年もかけて見つけたたった1本のレンチだったりもするのですが、そんな雰囲気が1D4には有りました。

このカメラには二度と近寄らないようにしよう...。7Dが色あせて見える...(汗)

コメント(2)

なるさんこんばんは。
まったくもって使いこなせていませんw。
ニコンのほうが高感度ノイズが・・・なんて言う方もいますが、
キヤノンは報道、スポーツで本当に必要な部分に注力したんだなって思いました。
カメラに「おまえもっと俺をつかいこなせよ」と言われていますが(^^;、このカメラは会話ができるカメラだと思います。
5DM2,7Dと新製品が出るたびに目を隠し、見ないようにしていましたw
カメラに「俺は疲れたよ」と言われるまで使い倒そうと思います。

>しーすさん
奥が深いですねぇ…。どんなプロカメラマンに言わせても、100%使いこなせているという人は居ないでしょうね。まぁ、大手掲示板や大手口コミ板には、そんな勘違い野郎は沢山居ますが(笑)。
でも、しーすさんの写真は、感動しましたって言ってくれる人が沢山いるので、使いこなしなんてどうでもいいんです(笑)。

ちなみに…夜中に部屋の隅で1D4と語ってるんですか?それは怖いのでやめましょう(笑)。

私の場合は撮るだびに、「あんたの腕は期待してないから、少しでもいい画が撮れるように早く赤鉢巻を着けてくれよぉ…」と言われていますが…(笑)。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2010年3月23日 10:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガチンコフラッグフットボール対決」です。

次のブログ記事は「引越しです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。