2010年4月アーカイブ

2010年4月28日

改めて実感しますねぇ。youtubeの凄さ。

まぁ、いろいろ楽しいのが転がっているんですけどね。
ふと、昔見たドラマを探してみました。うわー、涙ものです。

雄大な自然がそこに広がっていた。 少年と少女の吹く犬笛がそのなかに吸い込まれていく。 突然二匹の白い犬が現れた。 母犬をラン、子犬をリュウという。 リュウは走るランを必死に追った。 やがてランは姿を消し、リュウは一人取り残された。 リュウは母を求めて悲しそうに吠えた。 一瞬、鮮烈な太陽の炎が光と化しリュウを真っ赤に染めた。 少年と少女はそこに...

知っている人いるかなー。
81年の1月からの放送。

2010年4月24日

ポケモンワールドチャンピオンシップス



ポケモンワールドチャンピオンシップスで横浜みなとみらい。

2010年4月23日

プラグインテスト



携帯からの投稿テスト。

2010年4月20日

MT5でのPostToTwitterプラグインのテスト

思い立ってMT5を上書きインストールして、えらいことになる(笑)。

Jr.パールボウル第一戦 SONY戦

4月18日に行われた、Jr.パールボウルトーナメント2010 Sony Solidstate vs 相模原RISE

70.vs.6で勝利しました。

スタッツをみると、
(反則) 回数 - 損失ヤード
SONY:2 - 9Yds
ライズ:8 - 88Yds

ほぼ、キックオフリターン分、ファールで損失してます...。
中には、あの笛だと1秒経ってないんじゃないの?...っていうレイトヒットも有りましたが...。手を抜かない事と気合いが入る事とファールする事は同義ではないので、やっぱりファールが多いのは修正していかないと...。

TIME OF POSSESSION
SONY:24:53
ライズ:23:07
まぁこの数字は参考でしかありませんが、数字は無視しても、4Qの最後等、時間の使い方はSONYが上手でしたね。

0失点が途切れたのはもちろん悔しいですけど、そんな事よりも、強いチームのゲーム運びが見たいです。

次回は5月5日 13:30から、ウォリアーズ戦です。試すことは試す、調整して完成度を高める、などやることは沢山あります。
そして、思いっきり楽しみましょう。

IMG_6841.JPG
IMG_6867.JPG
IMG_6878.JPG
IMG_6883.JPG
IMG_7039.JPG
IMG_7065.JPG
IMG_7129.JPG

2010年4月19日

大忙しの日曜日

朝から、バタバタバタバタ...。

相模原ライズのJrパールボウル 初戦のため、大井第二球技場へ。
キックオフが11時。受付開始が10時?。娘のジュニアチアの集合時間が10:45で集合場所はゲートの外...。
集合して、連絡事項聞いて、ゲートの中に入れるのはキックオフの5分前でございます(汗)。

外で、娘の出演の準備をしていたら、フィールドの脇からseeswayさんが...「なるさんっ!kotodaddyさんが来てますよー」と。
第一声がこれですかっ(笑)。
「娘引き渡すまで、中に入れないから、後でっ!」ってすっげー短い会話ですよ(笑)。

まだそんなに付き合いが長いわけでもないし、会うのだってアメフトのイベントくらい...。両手では余るかも知れないが両足入れたら足りると思う...。だけど年数も時間も関係なく受け入れられる人っているんですよね。もう長年の付き合いのようです。


娘を引き渡し、キックオフの直前にゲートをくぐって、とりあえず何枚か写真を撮り、前半の途中で落ち着いてきたので、kotodaddyさんへの挨拶。今年の大目標の一つですよ。

さっくり見渡しました...スタンド。白い大砲が...1本。
今日は、スタンドで大砲構えているのなんて、seeswayさんとkotodaddyさんくらいでしょう。
そのうちの一本のseeswayさんはPRESSの腕章つけてフィールド脇を走り回っていますから...。
ああ、アレだよ(笑)。
一応、エンドゾーン後ろにいる、seeswayさんに、あれだよね?と確認して、ご挨拶に行きました。

とても優しそうなお父さんです。
EOSとkotodaddyを見ていただくとよく判りますが、このブログからにじみ出る温和な雰囲気そのままの方です。
本当はもっとゆっくりご挨拶をしたかったのですが、どうしてもアメフトの試合の日はゲーム、チア、娘、とフォローしなければいけないのが沢山あるのでゆっくりとお話もできなくてすみませんでした。>kotodaddyさん

んで、サプライズ。
kotodaddyさんが、これ使ってみてください...と差し出したものは、さんよんですよ...。サンヨンマル...。白いレンズで短焦点で...一番使いやすい重さと焦点距離...。この日の前半の残り、ハーフのチア、後半のチアや出番の終わったジュニアチアなど、バカバカ撮らせていただきました(帰宅してさっくりと画を見たのですが...ヤバいです。これはレンズ沼というのが判りますね)。何枚かは、今日か明日にはrise-fan.comにも上がると思います。ファインダー越しの画も全く違っていて、撮れた画を想像しながら撮るのがとても楽しかったです。本当にありがとうございました。今度はゆっくりお話させてくださいね。

試合は、70.vs.6で無失点記録は止まりましたが、結果だけ見れば快勝。内容は...色々課題も出ましたので次までに修正修正。ってことでサクッとおわりね(笑)。


帰ってきて晩飯を食べて風呂。結構疲れていたので、ゆっくり浸かって疲れを取ろうと、PSPをジップロックに入れて、風呂でtorneのリモート視聴に挑戦。あえなく敗退。我慢して30分弱、これは1時間の番組見たらノボせてドザエモンになりかねません(笑)。絶対零度の前半のみ見て挫折、次は30分番組にしようと誓いました(笑)。

さて、最後はF1中国GP。見ていて楽しいグランプリでしたね。可夢偉は残念。貰い事故です。なんか去年の中嶋を見ているようでちょっと心配です。自分がよければトラブル、トラブルが無ければ自分のミス。どっちも大丈夫時に限って貰い事故。こうなるとどんどん悪いほうに進んじゃうんですよね。まぁ、デラロサもボロボロな分、まだ回りからのプレッシャーも少ないですが...。何か一つきっかけが掴めれば、一気に時間が流れ出すとは思うんだけどね...。
踏ん張って欲しいところです。

が、ラスト5周くらいは記憶が断片的で、ファイナルラップはテロップは記憶にあるもののそれ以外の記憶は一切ありませんでした(^^;。疲れて爆睡のようです。

今日は帰ったら、昨日の写真の選別をして、F1のラスト5週分くらいを再度見直して...rise-fan.comにもアップしなきゃいけないし...。

やること一杯だぁ...。

ではでは。

2010年4月13日

Jr.パールボウル 1回戦

◆4月18日(日)
vs Sony Solidstate
キックオフ: 11:00
会場: 大井第二球技場
アクセス:東京モノレール大井競馬場前駅より 徒歩10分

いつも通りならば、ライズの受付は1時間前からやっています。

大井第二へのアクセスは、
大井第二球技場 観戦ガイド!?
をご覧ください。(過去エントリー中の、バスの時間は去年の春のものでキックオフも午後にあわせて書いたものなので、各自調べてくださいね。)
JR大森駅東口から京急バス森34系統「大田スタジアムバス停」下車 が一番歩かずに済みはずです。多分日曜日の11時キックオフであれば、10:05、10:35 あたりが丁度かと思われます。

torne YAGIの地デジアンテナパワーアップブースタ DPW02

YAGIのサポート、いいですね。

現在のユーザサポートの中では、決して早いほうではありません。それでも昼過ぎのメールをフォームで送ったら、夕方定時過ぎには連絡がきました。

質問が3つ書いてあったのですが、メールでは回答が2つしかありませんでした。
「さて、どうしたもんかな...まぁ、貰った回答で関連しているからもう1つの質問の回答も何となく類推できるからいいかなぁ...」と思ったのですが、45分遅れで、回答に不足があった旨の謝罪と追加の回答が送られてきました。

きちんと、回答を送った後のフォローに関してもきちんと確認をしているということです。
もちろん、一発目の回答で洩れない事も大切ですが、これはこれで、十分機能しているし、何より質問フォームの先に人が居て考えた上で回答を送ってくれているというのが感じられます。

機械的で迅速に回答が欲しい場合もありますが、自分の不得意な分野の質問に対して、文書内のキーワードや書き方を読んで、ある程度質問者のレベルを推測した上で回答を書いているような、親切さ、丁寧さが感じられました。こういうところの製品ってまた買おう...って思えます。


さて、実際の接続ですが...
このブースター、VHF波はブーストされない...のではなく、遮断されます。なのでU/V混合のラインに繋ぐと、VHFでアナログを受信している機器がある場合は、さっくりと映らなくなります。
現状でアナログチューナーのHDDレコーダーとかが現役の方は注意してください。

んで、じゃあ、UHFのアンテナ直後に着けて、ブーストしてから、U/V混合器にぶち込んでやればいいや...と考えたのですが、U/V混合器は、電源透過しないので駄目です...とサポートに教えていただきました。どうしてもやりたい場合は、混合する前に屋内まで引きこんで電源を接続した上でU/V混合してください、といわれました。

ということで、現在はTVのある部屋に入ったところで2分配して、1系はVHFアナログ用、2系をブースとして、torneと地デジチューナーのデジタル用としました。これで一応TVに関してはMXが95%で映るようになりました。torneはTVに比べてチューナーの感度がイマイチなので、5割程度の確率で映るようになりました。

さて、全うに取れていないビデオデータですが、waitのクルクル回るところで先に進まなくなります。シーンサーチなども悩みます。なので、映っている部分だけでも(NGな所はホワイトバックでいいから)見たいなぁ...と思っても軽快な操作が出来ません。この点は出来れば何とかして欲しいところです。まぁ他の改善のほうが優先でいいレベルではありますが。

2010年4月 9日

torne その4

1週間経ったので、torneのソフトウェアのマニュアルを引っ張り出して読んでみた。

結果...
目新しいものが何もない(笑)。
あ、Web検索は、画面が左半分、ブラウザが右半分になることがわかった。
いや、使わないし(笑)。

あ、YAGIのブースター 地デジアンテナパワーアップブースタ DPW02 を一時的に繋いで見ました。

とりあえず、TV側のMXにブロックノイズが乗っていたのは、若干改善。
torne側で、MXを全く拾わなかったのも、若干改善。オートスキャンでMXを拾いました。ただ、torneでMXにあわせると、こっちは真っ白な画面に番組名がでっかく表示されるだけ(笑)。

ということで、やっぱり屋根上のアンテナ直下にブースターを入れないと駄目っぽい。
このブースター、VHFは通過してくれないっぽいので、うちにあるアナログHDDレコーダーのため、部屋でブーストするには2分配して繋がないといけないという状態で、やっぱりロスしているような感じ。

屋根上のUHFアンテナ⇔混合器の間にブースター本体を入れて、その後ブースとされたUHFとVHFを混合してから3分配って感じにしないとだめかなぁ...。屋根の上に上がるの大変なんだけど...。ってか、上がって混合器や分配器を見たときに、ブースター内蔵だったらどうしよう...。混合器、分配器が、電源通過型かどうかも確認しないといけないなぁ...。

きちんとハシゴを準備しないと駄目かな...。落ちたら...怪我するだろうなぁ...(汗)。
SASUKEとか見た後だと、いけそうな気がするんだけど(笑)。

とりあえず、でっかいHDDは必須ですね。余っていた160GBをテスト的に繋いで遊んでいるんですが、あっさりとなくなりそうな勢いです。どうせ、書き出すことが出来るわけではないので、あまり信頼性を考えてもいけないと思うので、安めの3.5inch/USB2.0のケースとベアドライブ(WD以外)を買ってくるのがいいかも。

年に1度のヒット商品の祭典- from GIGAZINE

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100408_hit_prize_fabex2010/
で、大賞は逃したものの、ヒットした商品に贈られる「優秀ヒット賞」を取った「辛そうで辛くない少し辛いラー油」も紹介されています。

ただ...、これ...。
多分二度と買わない。

だって、本当に名前に偽り無し。辛くないんです。本当にほんの少ししか辛くないんですよ(笑)。
んで、ラー油なんです(笑)。

結構あっちこっちに書いてありますよね?
白いご飯にかけるだけでも美味しい...って。

最初のひと口は美味しいんですけどね。茶碗の後半は、もうね、油でギドギドなわけですよ。
んで、美味しいのは、オニオンフライチップと、ガーリックフライチップです。
ラー油の部分は、ほとんどラー油の旨味がない。香りはあるんだけど、ラー油としては駄目駄目って感じ。

んで、定価400円ですよ、これ。

はっきり行って、自分にとって400円の価値はありませんでした。198円でも悩むな...。

SBの「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」もチョイ辛なんだよね...。こいつもイマイチだろうなぁ。
まぁ、こっちは330円ということで、まだダメージも少ないので見つけたら1つくらい買ってみてもいいかとは思うが...。あと業務用まで一般庶民が買い漁って、本当の飲食店が迷惑しているってのもあります...こいつら絶対、馬鹿だろ(笑)。

油と玉葱とニンニクと唐辛子、その他で、自分で作ったほうが美味しいのが作れそうな気がする。それでも、これは、ご飯に直接かけて食べるものではないと思う...。

今回は、本当にマスコミに踊らされているって感じですね。
普通にガーリックオニオンを微塵切りにして油で揚げて、辛いラー油とオイスターソース辺りで和えて味付けしたほうが、油っぽ過ぎないし絶対美味しいと思うけどね。
ラー油じゃなくても唐辛子のピクルスとか...も、いいよね。

いや、違うのか、日本人の味覚には、辛いものはあわないから、これくらいのほうがいいのか?

2010年4月 8日

iPhoneの導入事例:緊急時の医用画像をiPhoneで - from ITmedia

iPhoneの導入事例:緊急時の医用画像をiPhoneで――救急医療の現場で活用する音羽病院 - ITmedia プロフェッショナル モバイル

急患が運ばれたそのとき、専門医はすでに帰宅――。一刻を争うこんなケースで役立つ、iPhoneを活用した医用画像遠隔閲覧システムが注目を集めている。このシステムを使うことで、医師は自宅から一次処置の指示を迅速に下せるようになる。

これで、少しでも急患の命が救えればいいね。ついでに言うと医者の労働環境も改善されれば最高なんですけどね。
仕事で、病院のシステムを組んでいたこともありますが、やっぱり当直の先生方ってとっっっっっても、大変そうですよ。

torne その3

さてさて、気になったこと。

これはtorneに限ったことではないのですが...

PS3ではPSPを使ったリモートプレイが可能です。設定次第では、PSPからリモートプレイを選択するだけでPS3の電源もONになって接続が確立します。そのままtorneをONにして、番組予約や録画番組を見ることも可能です。

しかしすでに、PS3の電源が入っている状態だと、リモートプレイを接続することが出来ません。
電源を切り忘れている場合や、予約をしている途中でテレビで普通に番組を見始めた場合など、手探りでPS3の電源を切るか、一旦TVをPS3の入力にしてからリモートプレイを選択してからでなければ、PSPと接続することが出来ません。

これが結構面倒くさい。


あとは、録画は番組表経由でなければ予約できません。番組内のタイムテーブルがわかっている場合などに一部コーナーだけ取りたい等、◎時◎分から10分間のみ..とかって録画予約設定することが出来ません。

2つの番組がかぶっている場合などは優先順位をつけておけば、ある程度思ったような動きをしてくれるのですが、torneは全体的に簡単に使えることに重点を置きすぎ、かゆいところに手が届きにくい気がしてきました。

ある程度、マニュアルで出来て欲しい部分というのが皆無なのはいただけません。

ということで、
マニュアルで出来て欲しい部分:

 チャンネル設定:弱電波地域の場合、スキャンをして、8割くらい見つかれば、見つからない2割を手動で設定してお終い...という場合でも、オートしかない場合は、全部見つかるまで何度も何度もオートスキャンを繰り返す必要があります。
 番組予約の手動設定:予約数が50件ということで、同じチャンネルの21時22時の別番組は1つの予約で済ませたいなどの場合や、前述のような番組の一部のみ撮りたい場合などに対応できません。

他にも細かいところで気になる部分はあるのですが、とりあえずこの2点はどうにかして欲しいです。

あ、あと1つ。リモートプレイでPSPで見ていると、1時間30分を越えたあたりで、音にプツプツとノイズがのり出します。これって無線LANに問題ありそうなんですが...。無線LANアクセスポイントを使ったインフラストラクチャでも、PS3直のアドホックでもなります。他の方はないですか?

2010年4月 7日

空気砲

空気砲ってのがあって、最近では、ダンボールとかペットボトルで簡単に作れる。

子供が学校で作り方を覚えて帰ってきて、家に残骸が転がっていたりするので、結構知っている人も多いと思う。

なんか、理不尽なシステムのおかげで、何度も入力した項目がリセットされて疲れたので、ぼーっと空気砲を考えていた。多分こんな記事を見たのも影響しているんだろう。

自宅で簡単に作るとなると、圧縮空気とかボンベとか使うわけには行かない。でもダンボールに穴を開けただけではそれほど楽しくない。

津波と一緒で、入り口が大きくて出口が小さければ、それだけ流量も増すはず。ってことは、ペットボトル空気砲なんかは、理にかなっているのかも知れない。ただ、急激に口径が小さくなると通り抜けるときの抵抗が大きくなるのと、流れる空気も乱れて乱気流になるのかも知れないと、漠然と考える。どちらかというとパーティ用の帽子の天辺を切り取ったような、円錐台の筒がいいかも知れない。

更には直進性を高めるために、その先に細い長めの筒(トイレットペーパーの芯とかラップの芯をきったようなもの)を取り付けて見たら、どうなるか...。

挙句の果てには、その芯の中は、スクリュー状に溝を入れてサイクロンバレル(ライフルの銃身のような溝)のようにすると、直進性と威力がいいんじゃないかなぁとか...。

後は瞬間的に空気を押し出すための仕組みをもう少し考えてみないと...。


などと、どうでもいいことに現実逃避している自分に気付く(笑)。

麻溝公園競技場にてイベント開催(情報元:淵野辺ブログ様)

春シーズン イベントが追加されました。|淵野辺ブログ

春シーズン イベントが追加されました。 さくら祭りの際に春の日程で一つ追加された物があります。 5月29日(土)政令指定都市移行記念試合 場所 麻溝公園競技場 試合時間 未定 対戦相手 未定 以上です。春シーズンの日程の関係で対戦相手を調整中とのことです。 是非、予定の一つに追加してくださいね。 詳細は、後日相模原ライズ ホーム ページで発表されると思います。

とのことです。
Jrパールの2戦目と3戦目の間の、丁度期間が空く時期なので楽しみましょう。今年は、グラウンドの確保など、場所がなかなか決められない為、ライズフェスタなども開催できないのでこういうイベントはとても嬉しいです。

2010年4月 6日

ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!

http://www.jp.playstation.com/scej/title/boku_p2/

あらー?完全に見落としていた。
いつの間に発表になったんだろう?

っていうことで、かみさん向けに購入決定っ!っと。

torne その2

覚書ですが、FAQなみになるかも知れないがとりあえず。

買ってきたらPS3とtorneのファームを両方共最新版にしましょう。ケーブルテレビ経由の変換方式の場合の受信などが出来るようになる、などがありますので、さっくりとやっておくべきです。

テレビとtorne、地デジ内蔵レコーダーなど、メーカーや機種によってアンテナレベルの扱いは統一されていません。テレビで80、torneで48でもtorneの性能が4割落ちなわけではありません。数字が違うからといってtorneが壊れているわけではありません。まぁ、一般地デジテレビのほうが受信感度が高いのは確かですが、これは数値で比較できるものではありません。
TVで問題なく見られるのにtorneで"一部の"チャンネルが見られない場合は、そのチャンネルのtorneでのアンテナレベルを確認しましょう。40以上じゃないと安定して受信できません。
この場合テレビ内でのアンテナレベルもそのチャンネルだけは他より低いと思います。

全部のチャンネルが問題なく映っていればそのままでもいいのですが、そうじゃない場合はそれぞれ必要な機器(ブースターもしくはアッテネータ)の導入を考えましょう。

きちんと全部映っているのなら「電波正常」です。それ以外は、「電波弱」、「電波強」のどちらかになりますね。

「torneのアンテナ入出力を逆に繋ぐと綺麗に映るのは初期不良だ。」<都市伝説(笑)
基地局が近い、共用ブースターの調整が適当など、電波が強すぎる場合があります。torneのアンテナ入出力を逆に繋ぐと、入力時に減衰して若干弱まり、それによって適正値になることがあるということです。

ということで、まずはtorneを買ってきて設定したら、torneへのアンテナ入力を正接続/逆接続の両方でアンテナレベルをチェックしましょう。

正接続のあと逆接続をして逆接続のほうが明らかに5程度アンテナレベルが下がる場合は「電波正常」か「電波弱」のいずれかです。全チャンネル通して、45前後以上出ていれば「電波正常」なのでそのまま使ってください。
もし30とかのアンテナレベルで受信できないチャンネルがある場合は、「電波弱」なので、ブースターの購入を考えてみてください。

逆接続して、適正な数字(45とか50)になる場合、アッテネータ導入が必要になります。まぁ逆接続することでアッテネータの代わりのような動作になっていますので、その先に繋いだテレビやレコーダーも問題なく映っているのならば、そのまま逆接続で使うのでもいいかも知れません。 これが「電波強」の場合です。あくまでもアンテナレベルに表示される数字の大小ではないと思ってください。

さて、デイジーチェーン(?)している場合と、分配器で分けている場合、どちらが受信感度がいいのか?

デイジーチェーン:
アンテナ⇒torne⇒HDレコーダー⇒テレビ

分配器:
アンテナ⇒分配器で分けてそれぞれ
   ⇒torne
   ⇒HDレコーダー
   ⇒テレビ

分配器で分けたほうがノイズも減衰も少ないと思っていたのですが、実際にやってみると、デイジーチェーンのほうがアンテナレベルの降下が少なかったりします。昔の程度の低い機器ならイザ知らず、最近のは思ったほど減衰しないのかもしれません。

このあたりはまだ実験不足&調査不足です。詳しく知っている方がいらっしゃいましたら、コメント宜しくです。

ちなみに我が家の状況

アンテナ(U,Vの二本)
↓ ↓
混合器

ブースターの有無がわからない

分配器(ここまでが屋根の上:宅内へかなり長いケーブルで配線)⇒各部屋へ

居間の壁コンセント

torne

HDレコーダー←BSアンテナ
↓ ↓
テレビ

これで、本当は屋根の上に上ってブースターを入れたいのですが危険なので、居間の壁のFコンセントとtorneの間にブースターを入れて分配しようかと考えています。屋根の上にブースターがあると意味がないかなぁとも思いますが...。どうなんだろう...。

そもそも、東京タワーで、MXだけ低いアンテナで出力も小さいのが悪い。他と同じに出してくれればいいのに...。せめて放送大学程度にはして欲しいのになぁ。

2010年4月 5日

torne(トルネ)

PS3が シングルの地デジチューナー&HDDレコーダーになるtorneですが。
3日ほど使ってみた、感想です。

前提条件:使い方が余りにも直感的な為、また画面に簡易ヘルプ(ボタンと機能)が表示されるため、torneのソフトウェアの説明書を読まずに使ってみました。ということは、説明書に書かれていて私が駄目出しした部分っていうのは、判りにくい部分がクローズアップされたということでご了承ください。1週間経ったら今度は説明書を全て読んで次のレビューに繋げる予定です。

とりあえず80点。及第点よりちょっと上。好印象。ただし、ソフトはアップデートして欲しい部分も色々ある。あとは、受信感度がもう1ランク上なら完璧。って感じでしょうか?


まずは、あっさりと。
接続が簡単。簡単に地デジが見られる。番組表がサクサク表示される。録画した番組を簡単に見られる。インターフェイスも判りやすく使いやすい。
まぁ、このあたりは普通にレビューされているのと変わりません。
家電オンチの方は結構簡単に使えるねっ! とは思いますが、果たしてそんな人がPS3を使うか?という突っ込みはあえて放置です。

さて、ちょい追い込んでみた感想。
デジタルをゴソッとHDDに書き込むので、HDDがごっそりなくなります。10分で1GBが目安です。この時期の2時間特番とか映画とかを録画すると、12GBすっ飛びます。もしくは1時間ドラマを1日2本撮ると12GB、1週間で90GB弱ですね。撮る片っ端から消化していかないとあっという間にHDDは一杯になってしまいますね。外付けの500GBとか1TBは必須ということでしょう。逆に言うと、初期のPS3なんぞは、HDDの増設は必須と思ってtorneを買わないと痛い目に会います。

逆に初期PS3(うちのは古いのさっ!)で良かった点。なんとUSB端子が4つあります(笑)。USB端子はコントローラの充電に1つしか使っていませんでした(笑)。torne、外付けHDD、PSPを繋いでも、ハブ無しでコントローラーの充電が出来ます(笑)。これは自分でもびっくりした。

次、録画データを観る時に、CMを飛ばしたいと思ったときに、とりあえず3種類の方法があるのかと。
方向ボタンの左右。再生速度を変更します。ただ順再は1.5倍があるのですが、逆再はいきなりx10倍です。CMを行き過ぎたときに戻ろうとしたら、CM1本分戻ってもとのモクアミということが多いです。
□を押してシーンサーチのサムネイルを出して見たいところにジャンプする方法。サムネイルが出ている状態で上下方向ボタンで更に、15秒毎とか30秒後ととか選べます。ただし、サムネイルが小さいので、あからさまにCMと本編が違う、アニメや洋画などは判りやすいのですが、ドラマなどは結局これが本編?と選んでもCMだったりするとがっくり来ます(笑)。あとF1も...CMがF1のタイヤのCMだったり車のCMだったりでわかりにくい(^^;。
もうひとつ、R1,L1を使う方法。フラッシュ送り(約30秒)/フラッシュ戻し(約15秒)ですね。CMを飛ばすのなら、これが一番使いやすいかも知れません。出来れば、25秒送り5秒戻しとかの設定が出来ると嬉しい。CMに入ってコントローラを持って送る...と丁度5秒くらいのロスがあって、送った直後1秒くらいで本編が始まる...というタイミングで送れるので...。

あと、番組表。見やすいし、L1,R1で拡大縮小ができ、L3で現時間、アナログLの上下で1日送りが出来る...というのはかなり便利。しかし、縮小したときの9局表示も見やすいんだけど...横だけではなく縦も縮小されて、多分20時間分くらいが表示されます。さすがにこうなると、最近の番組表の「フジテレビ開局50周年記念...」や「44周年記念4週連続...」などは、番組名が把握できません。L1,R1で番組軸拡大縮小、L2,R2で時間軸拡大縮小なんかが出来ると嬉しいかも。9局直近2時間とか表示できると嬉しい。

さて、あと1点。torneに限ったことではないのですが、機器を繋ぐと機器抵抗によりロスが出ますので、ブースターやアンテナ線の取り回しを考えないといけなくなります。torneはそれほど受信感度は良くありませんので、最新の地デジテレビで見られたものが、torneだと2つのチャンネル以外はNGとかってこともあります。自分の家がギリギリで見られている場合は、導入後にブースターの導入などを考えないといけなくなることもあるという点だけ気に留めておいてください。まぁ見通しのよい立地条件だと、ほぼ問題ないのですが、自宅の地デジ放送局側のすぐのところに小山があるような場合は意外に気をつける必要があります。地デジが映るカーナビ(無ければ友人などに出動依頼(笑))などで軽くチェックしてみてください。家の前だとブロックノイズばかりで裏手の坂道を登った途端に映りが良くなった...みたいな場合は、要注意かもしれません。

とりあえず、昨晩寝てしまったF1ですが、朝方綺麗な映像で見られたので満足です(笑)。
PSPへの自動書き出しオプションなどがあると、会社に行く電車でも見られるんですけどね。今のところ朝方に、起きてから変換転送を行うほど時間に余裕はありません(汗)。

さてさて、このあと、どういう感想に変わっていくか...。

2010年4月 1日

地上波デジタルのアンテナの向き

今の自宅での電波は、民放5ch(日テレ、テレ朝、TBS、テレ東、フジ)とNHK2ch が映るわけですが、これに加えて、当然TVKが映ります。<一応神奈川なので(笑)
ただ、どうしてもMXが映って欲しいのです。<かみさん的に

いまの家だと東京タワーの電波も届くはずでは有るんですが、ひと山あるんで、結構受信状態が悪いんですよね。逆に横浜局側は、蛇行しているとはいえ川があるので結構しっかりと見えている。

んで、アンテナの方向だけど、記憶をひっくり返してみてみると...
ん??なんか全然関係ないほうを向いている気がする...。

屋根に上ってアンテナ調整しないと駄目かな?

一応、機嫌のいいときは、MXも映るんだけど、早朝とかはしっかりブルーバックになります。
それも、一番受信感度のいい、アクオスでこれなので、他の、なんちゃってデジタルチューナーでは確実に映りません(地デジチューナー内蔵のIOデータのモニタとか(笑))。多分torneも駄目でしょう。

ブースターだの分配だの分波だの、イマイチよく判らんしなぁ。

ちなみに、UHFのアンテナって、≪++++- 見たいになっているじゃないですか?

基地局に向けるっていうのは、どっちを向ければいいんでしょう?
≪ 見たいになっているほう? それとも反対側の細いほう?

どっちなんでしょうね?
多少TVKが減衰しても、MXをあと少し上げられると、全部映ると思うんですけどねぇ...。

ただ、最大の問題は、屋根まで上がるための脚立だなっ!(笑)

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。