« iPhoneの導入事例:緊急時の医用画像をiPhoneで - from ITmedia | ホーム | torne その4 »

2010年4月 9日

年に1度のヒット商品の祭典- from GIGAZINE

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100408_hit_prize_fabex2010/
で、大賞は逃したものの、ヒットした商品に贈られる「優秀ヒット賞」を取った「辛そうで辛くない少し辛いラー油」も紹介されています。

ただ...、これ...。
多分二度と買わない。

だって、本当に名前に偽り無し。辛くないんです。本当にほんの少ししか辛くないんですよ(笑)。
んで、ラー油なんです(笑)。

結構あっちこっちに書いてありますよね?
白いご飯にかけるだけでも美味しい...って。

最初のひと口は美味しいんですけどね。茶碗の後半は、もうね、油でギドギドなわけですよ。
んで、美味しいのは、オニオンフライチップと、ガーリックフライチップです。
ラー油の部分は、ほとんどラー油の旨味がない。香りはあるんだけど、ラー油としては駄目駄目って感じ。

んで、定価400円ですよ、これ。

はっきり行って、自分にとって400円の価値はありませんでした。198円でも悩むな...。

SBの「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」もチョイ辛なんだよね...。こいつもイマイチだろうなぁ。
まぁ、こっちは330円ということで、まだダメージも少ないので見つけたら1つくらい買ってみてもいいかとは思うが...。あと業務用まで一般庶民が買い漁って、本当の飲食店が迷惑しているってのもあります...こいつら絶対、馬鹿だろ(笑)。

油と玉葱とニンニクと唐辛子、その他で、自分で作ったほうが美味しいのが作れそうな気がする。それでも、これは、ご飯に直接かけて食べるものではないと思う...。

今回は、本当にマスコミに踊らされているって感じですね。
普通にガーリックオニオンを微塵切りにして油で揚げて、辛いラー油とオイスターソース辺りで和えて味付けしたほうが、油っぽ過ぎないし絶対美味しいと思うけどね。
ラー油じゃなくても唐辛子のピクルスとか...も、いいよね。

いや、違うのか、日本人の味覚には、辛いものはあわないから、これくらいのほうがいいのか?

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2010年4月 9日 13:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhoneの導入事例:緊急時の医用画像をiPhoneで - from ITmedia」です。

次のブログ記事は「torne その4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。