« 菅原選手、新天地で活躍 | ホーム | 北海道日帰り出張 »

2010年5月31日

F1:ウェバーが可哀想かと

レッドブル、クラッシュの責任はウェバーにあると非難 Yahoo!スポーツ - F1 - ニュース

ウェバーはこの接触について、オーバーテイクしようとしたベッテルが自身のほうへ寄せてきたとコメント。しかしレッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ウェバーと担当レースエンジニアのシアロン・ピルビームを非難している。

個人的にですが、実際の映像を見ると、ほぼ9:1でベッテルが悪いんじゃないかなぁ...と思います。
もちろん、チーム内の指示などもあるかと思いますが、あれ、セブじゃなくてバトンとかアロンソとかシュー、マッサなど経験豊富なドライバーならぶつかってないだろうなぁ...と思います。
きっちり1台分のスペースはあるのに、あの無理な突っ込みをして次の左コーナーをインベタで回らずに、一度アウトに振ったのがモロ見えてます。
経験豊富なドライバーならば、半車身前にでたくらいじゃ、アウトに振りませんって。
インベタで回って、出口でアウトにはらんでいく分には、ウェバーも行かせただろうなぁと思うんですけどね。
そういう意味では、よくも悪くもセブは若いので仕方ないかと思いますがチームがそれを指摘しないのはどうかと思います。

ウェバーも、他のチャンピオン相手ならばあの空け方でよかったけど、血気盛んな若いのを相手にするのならば、考える必要がありますね。

今回の件で、セブも、ウェバーを批判したチームも、今年は器じゃないんじゃないかと思ってしまいました。
コンストラクターはマクラーレン、ドライバーはもめなければウェバーってのが妥当かなと思います。チームとドライバーが揉めたらハミルトンあたりが抜けてきますかね。

開幕からずっとですが、ちょっと、レッドブルは速いんですが安定感が無くてバタバタしてますねぇ。
まぁ、おかげで面白くなってはいますけど。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2010年5月31日 13:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「菅原選手、新天地で活躍」です。

次のブログ記事は「北海道日帰り出張」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。