« Jr.パールボウル決勝 警視庁戦 | ホーム | torne:ちょっと気になること »

2010年6月28日

ヨーロッパGP in バレンシア市街地サーキット

祝 可夢偉 7位入賞。
スチュワードのドタバタが相変わらずのレースでした。
最後まで目が離せないレースでしたね。

ラス前のラップでアロンソをかわしたときの国際映像はめっちゃ興奮しました。
その分、最終ラップになってベッテルを撮りっ放しになった国際映像が、いつ可夢偉の無茶なアタックでのクラッシュシーンに切り替わるかと、心臓が痛い思いで見てましたよ。このまま終わってくれ...と祈るような気持ちでした。
そしたら、最後にブエミをオーバーテイクするシーンが映って無言のガッツポーズと、何か別の映像?オーバーランして10数秒後方のアルグエルスアリとのバトル?なんて疑心暗鬼が入り乱れる心境でした。

前半戦を見る限り、今までは、早めにタイヤ交換してショート+ロングの組み合わせで走るのが一般的な作戦でしたが、今回の可夢偉のレースを見ると、ロング+ベリーショートというのも作戦としては在りだと思えました。
特にSC導入されて、一気にみんながタイヤ交換のためにピットインするような場合、一気に前が開けて自分のペースで走れますから。

前回は、自分のミスでレースを台無しにして、素直に「ごめんなさいっ」てチームに謝ったルーキーが、今回は作戦で9位、自らのオーバーテイクで更に2つ順位を上げて7位になった訳ですから、チームも一体化してくるんじゃないでしょうか?

もちろん可夢偉は、経験が足りないからマシンのセッティングを出すとかはまだまだこれからだと思うけど、そこは百戦錬磨のデ・ラ・ロサも居るので、いい感じにまとまってきたと思います。

デ・ラ・ロサどころか可夢偉までも、レースシートを失うようなマスコミ報道もありますが、メインスポンサーを失ったチームとしては、スタートがひどかった分、徐々に上がってきてますし、その分チームがまとまってきたと思います。
いいチームになってきたと思います。

まだまだ、予選での一発は速くない車だし、中段のチームの中でもかなり下の部類に入る車ですが、後半戦に向けて少しずつ完成度を上げていって、今後に繋げていってもらいたいですね。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2010年6月28日 10:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Jr.パールボウル決勝 警視庁戦」です。

次のブログ記事は「torne:ちょっと気になること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。