« Jr.パールボウル 準決勝 | ホーム | Jr.パールボウル準決勝 東亜建設工業戦 »

2010年6月11日

最近、気になったこと

・駅の改札で、スイカがエラーを起こしてその後、力任せに「バンッ」っと叩きつけている人。
⇒うるさいですよ。どんなに力任せに叩きつけても、ずれていたり、きちんと一瞬停止していないとエラーになるから。

・満員電車のドアの前で沢山の人が降りるのに、一旦出ない人
⇒なにもそこまで頑なに、流れに逆らわなくてもいいんじゃないかな?

・相変わらず、携帯電話を見ながら牛歩で乗り換えの人
⇒本当に危ない。いや、周りの人もだけど、本人が一番危ないって。直径1mもありそうな柱に頭突きかましてたもんなー。

・とても急いでいたらしい女性。走ってきた勢いのまま改札をスイカタッチして駆け抜けようとして...バンッとゲートが閉まりました。トップスピードから一瞬にして停止...。残っていた慣性は全て手に持った定期入れに。定期入れは3メートルほど先の改札の中に吹っ飛んで行きました(^^;。

・朝のバスで、ランドセルを背負って、両手に手提げ袋を提げていた小学生。
おばあさんに席を譲っていました。後ろに座っていたサラリーマン、ちら見して、見てみぬふり。その後ろに座っていた高校生の怖そうな男の子。気付いて小学生に席を譲ってました。サラリーマンみんなに白い目で見られていました。バックミラーでそれを見ていた運転手さん、「年寄り、子供には席をお譲りください。皆様のご協力をお願い致しますっ。」
(笑)運転手さん、ナイスっ!!!

・電車を待っている間、向かいのホームを眺めていたら、電車が入ってきました。電車が発車したホームには、ポツンと革靴が片足だけ残されていました...。程なくして私の乗る電車も来たのですが、私の周りは窓から見える片一方の靴を眺めて、妙な雰囲気になっていました(^^;。

なんか、今朝は色々楽しいことがw。

コメント(4)

ウケました(笑)。
この記事、シリーズ化される事を強く望みます。
私はスイカじゃなくってパスモなんですけど、日ごろ電車に乗り慣れて
いないせいか、改札を通る瞬間は妙な緊張感に包まれます(笑)。
この前はチャージがされていなくって、バタンと閉まってしまい、
完全に流れをせきとめてしまいヒンシュクを浴びました^^;

なるさん、こんにちは。
昨日の試合は焦げながらみた甲斐がありました。楽しめました。
秋に向けての修正のためにも、決勝のイーグルス戦は頑張ってほしいです。

>満員電車のドアの前で沢山の人が降りるのに、一旦出ない人
⇒なにもそこまで頑なに、流れに逆らわなくてもいいんじゃないかな?

私も満員電車でいつも思います。たまに頑張って出ないけど、押し出される形でくるくる回っている方見かけます。マナーは大切ですね。
女性なんで乗るとまず「女性専用車いけよ」的な目で見られます。すいませんという気持ちで乗っています。女性ですが、朝の女性専用車はなかなか見た目的に厳しいものがあり、苦手です。シリーズ化私も希望です!

菅原選手、オービックに電撃移籍。びっくりしました。
残念だわ~と思う気持ちが七割。頑張れ~負けないぞが三割。
現在は頑張れ~率が上がってきております。
日本代表も多い素晴らしいチームですから、菅原選手の今後の活躍も楽しみです。
それにしてもオービック、戦力強化しすぎです~w
ライズも相当気合いれないと勝てませんね。

コメを非公開にできないようなので、なんとなくこちらに書き込みさせていただきました。

作り話だったらシリーズ化も可ですけど、実話なのでw。また、何かありましたら不定期でシリーズ化…出来ればいいなぁとは思います。毎日、小さな気になったことってあるんですけど、すぐ忘れちゃうんですよね。そのたびにTwitterにでもツィートしとけばいいのですが面倒くさくて。んで、結局忘れているとw。

チャージ不足で止められたら、サクッと流れの邪魔にならないように抜け出せば大丈夫ですよ。チャージ不足だけならすぐに次の人が通れますので、すっっと列からずれて場所をあければ、そんなに迷惑じゃないですw。緊張感…なんとなく判りますけどw。

女性車両の現状だけはわからないので、どんな事になっているか怖いなぁとは思っていますw。
菅原君は頑張って欲しいですね。ガルズなので許可です(爆)。これで鹿島になんか移ったら激怒ものですけど…(^^;<単なる個人の趣味。とはいえ、来年は倒すべき相手なので笑ってられませんけど。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2010年6月11日 10:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Jr.パールボウル 準決勝」です。

次のブログ記事は「Jr.パールボウル準決勝 東亜建設工業戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。