« torne:ちょっと気になること | ホーム | よくやった、ありがとう...は本音...かな? »

2010年6月28日

SONYの将来?

ハードウェア分野惨敗のソニーが痛々しい理由 : ギズモード・ジャパン

今年のE3(コンピューターゲームの展示会)での負け組は? と言えば、おそらくソニーでしょう。

興味深い記事です。

とはいえ、同じグループではありますが、SONYとSCEは別会社ですからねぇ...。

んで、本体のSONYはというと、見限ったらさっくり切り捨てる会社です。
ある意味、ドライな企業だと思います。だからこそ大きくなれたと思います。

どれほど、ユーザが夢を持っていても、やめると決まったら速攻終了させる。
AIBOも、CLIEも...。更にさかのぼればベータマックスとかHit-Bitとか...。<これは古すぎか...

家電業界全体で、どうにかしたくて3Dを勧めてますけど...。
やっぱり一番最初に普及するのは、Nintendo3DSでしょうね。
んで、これが売れたら...やっぱりメガネはねぇ...という事にもなりそうですよ。
そういう意味では、Nintendo3DSは、毒にも薬にもなりそうです。

もちろん、任天堂が、負けないか?というと...、バーチャルボーイやら、ファミリーベーシックやら、64DD、サテラビュー...。もちろんファミコンにもシャッター式の3Dメガネもありました。そういう意味だと勝ち負け色々ではあるんですが...なぜか、任天堂はドライというイメージが沸いて来ないんですよね。

このあたりが、過去の対応の差であり、地盤が家電メーカーか玩具問屋かの違いなのかも知れません...。

もちろん

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2010年6月28日 16:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「torne:ちょっと気になること」です。

次のブログ記事は「よくやった、ありがとう...は本音...かな?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。