« 理研って... | ホーム | 漢字の読み方 »

2010年7月28日

「デジタル一眼カメラ LUMIX Gシリーズ」で3D撮影ができる交換レンズを商品化 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic

パナソニック株式会社は、この度、デジタル一眼カメラで3D撮影を可能にする2眼式交換レンズを世界で初めて開発しました。

紛らわしいわっ!
デジタル一眼用の二眼レンズってなによっ(笑)!

ってか、昔、カメラの被写体レンズ前の右半分に鏡を45度傾けてセットして、写真の左半分に正面映像を、右半分に右側映像を写した写真ってのを撮ったことがあったっけ。
スパイカメラとか潜望鏡のハシリだよね。

lenz.JPG

この鏡を両側にV字につけて再度反射させて正面の映像を左右6cmのオフセットで撮影すれば、立体視用の2映像の画像が取れるわけですねぇ。近くと遠くで、センターをあわせるために、若干、鏡の角度調整をしないといけないとかありそうだけど、ダイソーで1000円くらいでDIY出来そうだよねw。

lenz2.JPG

コメント(1)

ていうか、仕事中になんの図解をしてるんですか(笑)

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2010年7月28日 13:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「理研って...」です。

次のブログ記事は「漢字の読み方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。