« 今日が誕生日の人 | ホーム | トリック×ロジック »

2010年7月27日

地面

蝉がいっせいに鳴き出しました。
やっと夏という感じですね。

いつまで経っても心は田舎モノの自分にとっては、縁側、蚊取り線香、スイカ、手持ち花火というものが懐かしく感じてしまいます。

うちの裏の公園は、一気に蝉が地面から出てきた穴が沢山開きました。
7年も地面の中で過ごして、いざ地表に出ようとしたら、アスファルトで覆われて、出て来られない蝉も沢山居るんでしょうか?

都市部では、雨の吸水率が、戦前は50%を越えていたのに対し、現在は20%にも満たないとか。地面に浸み込まなかった水は当然浸水災害を起こします。そのために、東京都などは、地面の中に巨大な空洞を用意して、水を溜めることが出来るようになっていますね。

なんか、もっと水を地面に通すようなアスファルトって出来ないんですかね?

全然難しい技術じゃないと思うんですけどね。
蝉が出てこれるようなアスファルトは、難しいと思いますがw。

FNSの26時間TVを見ていたため、録画に追いやられていた鉄腕DASHを見たのですが、やっぱり自然はいいなぁ...とシミジミ感じましたw。

最近、特に思うのは、風の抜けない駅の階段とかを上っている時とか...かな。
昔懐かしい言葉ですが、「コンクリートジャングル」とは本当によく言ったものですね。
ジャングル⇒亜熱帯⇒スコール って連想ゲームみたいな感じで、本当に最近の都会のゲリラ豪雨は、人間が作り上げてきた環境が引き起こしているんじゃないだろうか?と疑いたくなるような状況です。

エアコンの熱交換した温度の高い空気を家の外に垂れ流すんだから、そりゃ外は暑くりますよねぇ...。
もっと技術が進歩してもいいんじゃないかと思うんですけど。何とかならないんでしょうかね?

温暖化なんて、ちょっとでっかい手で、地軸を0.5度くらい起こしてあげれば、一気に涼しくなるんじゃないの?なんて無茶なことも考えたりしてます。

まぁ、0.5度も地軸を起こしたら、温暖化なんてどうでもいいくらい、ひどいことが起こりそうですけど(笑)。

歩きにくかったですが、田舎の砂利道を歩いていた小さい時の記憶では、いくら暑くても不快指数は低かったなぁと、シミジミと思い出しています。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2010年7月27日 11:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日が誕生日の人」です。

次のブログ記事は「トリック×ロジック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。