« だからSONYはAppleに... | ホーム | シナリオ製作費を払わない会社...タムソフト »

2010年11月26日

新製品ゾクゾク

軽量・コンパクトなボディの電子書籍リーダー発売と、書籍販売サービス開始 | プレスリリース | ソニー

ソニーは、軽量・コンパクトなボディと、紙のように読みやすく目に優しい電子ペーパーの採用で、いつでもどこでも手軽に読書が楽しめる電子書籍リーダー、5型ディスプレイ搭載のReader Pocket EditionTM(リーダー ポケット エディション)『PRS-350』および6型ディスプレイ搭載のReader Touch EditionTM(リーダー タッチ エディション)『PRS-650』を、12月10日より発売いたします。 加えて、リーダー向けのオンラインブックストアとして、ReaderTM Store(リーダー ストア) を立ち上げ、12月10日より配信サービスを開始いたします。サービス開始時には2万冊以上の書籍を準備いたします。

加えて... って。
リーダーの機能よりも、読める本のほうが、ユーザにとっては大事だってw。

2万冊あっても、読みたい本が無ければ意味がない。2万冊って一見多そうに思うけど、実は全くたいしたことないし。
ということで、大掛かりな発表会だってわりには、肩透かしというか、寂しいというか...。
これに2万5千円だすのなら、あと3ヶ月待って3DS買ったほうが絶対たのしいw。

スマーティアの特長|BIGLOBE Smartia Style

『Smartia(スマーティア)』の端末はスマートフォン&タブレット型端末向けのプラットフォーム『Android™(アンドロイド)』を搭載しています。7インチディスプレイはスマートフォンに比べ、ディスプレイが大きいので、より画面が見やすく、タッチパネルでの作業も簡単という高い操作性も実現しています。また、無線LAN を標準搭載しており、幅220mm×高さ120mm×厚さ14mm、重さ約370gというコンパクトなサイズは、持ち運びにも適しています。手軽にインターネットや様々なアプリケーションを楽しむことができます。

こっちは、Biglobeが発売したAndroid端末。このタイミングで2.1だわ、単独通信機能ないわ、4万越えだわ...。普通ならギャラタブ買いますよねぇ。何も考えずに機種変に行っても同じくらいの値段です。新規やNMPだったら半額とか1/5とかの値段だしねぇ。
何よりも、デザインが...。見た瞬間「お風呂テレビかっ!」って突っ込みましたよ...えぇ。10年前のデザインですねぇw。ここまで垢抜けないと、あきれるのを通り越して目が点になりました。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2010年11月26日 10:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「だからSONYはAppleに...」です。

次のブログ記事は「シナリオ製作費を払わない会社...タムソフト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。