2011年2月アーカイブ

2011年2月28日

おにぎり、あたためますか?

そういえば、北海道に出張に行った時に、コンビニにて。

「おにぎり、あたためますか?」

って聞かれて、
「そうだよなぁ、北海道は、おにぎりもあたためるのが、普通だったよなぁ」
と思い出しました。

んで、またしばらく忘れていたのですが、
この間、たまたま横浜の近場のローソンで...

「おにぎり、あたためますか?」

...、ををー。さすがローソン。
なんかとてもうれしかったっす。

...それだけ。

日本の会社が、ザウバーのスポンサーに!

NEC、ザウバーのスポンサーに! 【 F1-Gate.com 】

NEC、ザウバーのスポンサーに! 2011年2月27日 ザウバー NEC NECが、ザウバーとスポンサー契約を結んだようだ。 まだ正式なプレスリリースは発表されていないが、すでにザウバーの公式サイトではプレミアムパートナーとしてNECを紹介。

うれしい! F1からは、どんどん日本の企業が撤退していく中、小林可夢偉のスポンサーに、見慣れたNECのロゴが。 しかも、C30のノーズの根元にすごい目立つロゴ。 本当にうれしいです。

と、ところで、NEC...。こんな事していて大丈夫w?

Webから、株主・投資家情報 とか見てみると、業績...下方修正とかしちゃってますがw。
昨年は、ブルーロケッツの解散とかもあり、残りは、赤の女子バレー、緑のラグビーのみで、これらのサポートだけで精一杯なのかと思っていたのですけどね。
もしかして、スポンサードの中身はLENOVOだったりしてw。

追記:

日本企業が支えない未来のF1王者。可夢偉の価値は不当に低すぎる!!(1/2) - Number Web : ナンバー

日本企業が支えない未来のF1王者。 可夢偉の価値は不当に低すぎる!!


もちろん、地場である国内スポーツのサポートも重要。だけど、小林可夢偉は、イチ企業だけではなく、すべての垣根を取っ払ってサポートしてほしいと思います。

春のスケジュール

春の交流戦情報です。

.vs. 鹿島ディアーズ
5月1日(日) キックオフ: 14:30

.vs.アサヒビールシルバースター
5月14日(土) キックオフ: 11:00

.vs.オール三菱ライオンズ
5月28日(土) キックオフ: 11:00

すべて川崎球場にて。


◆ヘッドコーチ 須永恭通
◆キャプテン 伊倉良太
◆バイスキャプテン 前田一之
◆バイスキャプテン 井上貴弘
の体制で、日本一を目指します。

まずは、鹿島です。
当然交流戦ということで、怪我の無い様に課題などの洗い出しをしていく事が目的となります。代表の抜けた状態の鹿島相手にどこまで切り込むことができるか、この2年、一部のTOPチームとして君臨してきた鹿島と、三部、二部と上がってきた相模原ライズの戦いでもあります。

地域密着のクラブチームの相模原ライズ。地域でできることを行うのは当然ですが、今後もずっと存続するために必要なのは、やはり「強さ」です。地域の皆さん、ファンの皆さんの不安をぶっ飛ばすためにも、ディフェンス、オフェンス共にきらりと光るプレイを期待します。

2011年2月23日

血も涙も無いとはこのこと...。

NZ地震:専用機の保護者同乗、幻に...外相表明も法の壁 - 毎日jp(毎日新聞)

前原誠司外相は22日夜、「うまくタイミングが合えばという前提だが、現地に行きたい(被災者の)保護者も乗ってもらうよう段取りを今している」と述べ、... ところが、政府専用機を管理、運用する防衛省は「家族を乗せることについて、外務省から正式な依頼は来ていない」と説明、搭乗は見送られた。今回の派遣の根拠となる国際緊急援助隊法は被災者の保護者を想定していないという。北沢俊美防衛相も「聞いていない」と完全否定した。

依頼が来てれば、防衛省は乗せたのか?依頼が来ても「国際緊急援助隊法」では想定していないから駄目だ!と否定することになったんでしょうかね? なんで、被災した人の家族のことを考えないのでしょうか?この人たちは。 なんだか、最低ですね。今の政治家も政党も法律も...。すでに政治とか与野党とかそういうレベルじゃなくて、人としてどうよって思っちゃいますね。まぁそれが今の日本国の現状なんでしょうか?

もっと血の通った人間が納める国で生きて行きたいです...。

2011年2月21日

四半世紀前の今日...

伝説の始まりです。

赤と黒の筐体。メディアは黄色。しかも2.8インチという、当時5インチ、3.5インチのFDDが主流の時代の不思議な規格。しかもランダムアクセスできずに、シーケンシャル(要するにアナログレコードのように蚊取り線香のような1本道)アクセスという、子供心に不思議なものでした。

このハード/ソフトで発売になったのが、かの有名な「ゼルダの伝説」です。

いまだに、あの音楽は口ずさむことができますし、今聞いても鳥肌が立つ人も沢山いることでしょう。

青春の真っ只中、リアルタイムでゼルダの伝説を体験できたのは、最高です。

アメフト:あっちこっちで...。

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2011021900232

イワタニが名称変更=社会人アメフット  社会人アメリカンフットボールの「イワタニ・サイドワインダーズ」がチーム名を3月1日から「サイドワインダーズ」に変更することが19日、決まった。岩谷産業がスポンサーから撤退するためで、日本社会人協会が申請を受理した。

吹田マーヴィーズもそうだが、スポンサー撤退による「地域に根ざしたチームを」ってのが合言葉のように使われる昨今だが...。 実際に相模原ライズの苦労も見てきたし、それが根付くのがどれだけ大変かは想像を絶するほどである。

もちろん、3部から2部昇格であれば、ある程度の活動をしている古参チームであれば財政面の問題も無いといえるのかも知れない。
しかし吹田の「X2部リーグ自主降格についてのご説明」を見ると、チケットの強制買取など、協会の運営もテコ入れしないとあまりにも優しくない部分も見え隠れする。吹田の説明が100%なのか100%じゃないのかは解らないが、見方によると、協会は有無を言わさず場所を確保し、その費用をチケット代に振って、各チームに売ってこい...と...読めないことも無い。沢山売って儲けるのも、売れなくて被るのも、チーム次第だと...。
企業チームならば、費用で落として、社員に配るなり、ファンクラブに無料で配るなりすることで、集客もできるし予算で形状している費用であれば、それほど痛い話でもないのだろう。大企業が多い場合は特に一部の費用も大きな問題ではないのかもしれない。
だた、大手スポンサーの獲得が難しいクラブチームにとってみると、地獄のような金額となる。

たとえば、秋のトーナメントで、決勝に残ったら、追加で1000万の徴収なんて、まったく知らなかった話。

決勝進出2チームで単純に2000万。これが12月中旬の1試合できれいさっぱり使われるわけだ...。

このほかにもXのチケット収益なんかもあるわけだろうし、現状で1万人とか2万人とか呼べる試合が、Xとライスだろうから、そこでのチケット収益とかスポンサードとかもあるはずなのに、なぜに追加徴収するんだろう...と素人目にも疑問が残る。
こういう点こそ、協会の腕の見せ所じゃないのだろうか?
本来ならば、他の試合にしたって、協会が頑張って集客しなければならないはずなのに、まったく見えてこない。
見えてくるのは、各チームの選手やチアが街頭で、一生懸命パフォーマンスしたりチラシを配ったりしている姿だけだ。

本当に、何をやっているのか見えてこない。

もちろん、色々やっているのだろうが、それが見えてこない。
何をやっているのか、もっとうまくアピールして欲しいと、心から思う。

とりあえず、Xリーグのサイトの一番下の、「協会について」のリンク切れをとっとと直してほしいですね。

2011年2月20日

今日のライズカフェ

選手、スタッフの写真撮影をしていました。
機材は自腹とのこと。

支え合いは大切ですね!



2011年2月14日

日本じゃ...売れないだろうなぁ...。

ソニーが「Xperia PLAY」を正式発表、その全容がようやく明らかに - GIGAZINE

ソニーが「Xperia PLAY」を正式発表、その全容がようやく明らかに

販売台数規模を、ゲーム機として考えているのかスマートフォンとして考えているのかは解りませんが。 今更初代PSのゲームが牽引できるとは思えません。

スマートフォンとしてみた場合、1年もすると他のAndroid携帯に置いて行かれている気がするし、かと言って互換性を考えると2年毎にモデルチェンジできるとも思えないし。

そもそも、Android携帯のゲームって低金額薄利多売というイメージでいる方がほとんどなので、このハードを買っても、2000円以上とかのゲームをダウンロード購入してくれるユーザってのはあまりいないのではないかと。

2,300円のゲームだと、作るほうもパイが多くないといけないから、結局すべてのAndroid携帯で遊べるようなインターフェイスのゲームになる。

結局は今のタッチパネル対応の簡単なゲームコンテンツ+昔の初代PSのゲームが中心となってしまい、それならば、PSP(NGP購入予定含む)を持っている人は、初代PSのゲームを遊びたければPSPで遊んで、スペックや仕様にとらわれない好きなモデルのAndroid携帯を買えばよい。結局爆発的にハードは売れるものではないので、結局ソフトも既存のAndroid 向けソフトか初代PSの焼き直しとなり、2年後には参入したゲーム会社もNGPや3DSにシフトしていき、あっという間に過去の産物となりそう...。

ゲーム機って、
1.出た当初はかなりハイスペックでハードに引きづられて購入する初期
2.時代がそのスペックに追いついたころにはハードを熟知した面白いゲームが登場する時代
3.ハードが時代遅れになるころには、ハードをすべて使い切った、売れたソフトの2とか3の円熟期
4.互換後継機への乗り換え期(後継機でも今までの作品が遊べます的な)
で5から10年周期になっているように思いますが、
Androidの流れに乗せてしまうと、
・現行の半年から1年でOSのマイナーバージョンアップ。
・4半期ごとにどんどん新しいモデルが出てくる。
・ユーザの買い替えは2年程度の周期
となってくるので、早ければ1年、長くても2年すればほとんど相手にされない時期になっているんではないかなぁと思います。
当然作っている側がスマートフォンとして考えていれば、それ以上の長い息のモデルとは設定していないと思いますので、結局は2年程度のハードと見ているでしょうし、それまでにPSSのサービスがものになれば、普通のAndroid向けソフトがそこそこ出てきて後継のXperiaPro2とかZ7(なんだ?それw?)とかで、そこそこのビジネスになればよし。そうでなければ、SONYのことですから、さくっとPSSのサービス終了宣言なんかされるかもしれません。

どうも、XperiaPLAYって、PSPGoに通信回線を付けただけ...としか思えないので、売れ方も踏襲しそうで怖いですねぇ(笑)。

過渡期のSONYのサービスって、さくっと切られる事があるので、怖くて...(笑)。
まぁ、なんとかなってくれると、世の中楽しいので、売れて欲しいとは思いますが...。

あ、これauで出てランニングコストが安くなって、しかもXperiaPLAYのSIMがNGP発売後そっちに刺さるというのであれば、購入はあるかも知れません。

じゃないと、夏に買って、2年縛りでNGPに手が出せなくなるなんて事になったら目も当てられないw。

2011年2月 7日

え゛? 1.4X内蔵の200-400F4Lですと?

キヤノン、エクステンダー内蔵「EF 200-400mm F4 L」を開発発表 - デジカメWatch

キヤノン、エクステンダー内蔵「EF 200-400mm F4 L」を開発発表

川崎とか大井の、スタンドから撮るには完璧じゃないですか。年内発売かぁ、ライズのXファイナルとか、1/3のドームには間に合うかなぁ...。

MHP3 ほぼクリア...

残すところ、村の最後のクエスト、『終焉を喰らう者』のみとなりました。

ってか、次課長の井上さんの配信オトモアイルー、「ue.」ちゃん...すごい。
うちの子たちも見習ってもらわないと...というか、雇用主の問題だなw。
ということで、終焉を喰らう者に向けて、是非、初親が自分のオトモアイルーでクリアしたいということで、目下オトモ育成中です。
レウス、ティガ、ナルガ、ペコ、ue.と配信アイルーがいますが、自分で性格とか毛並、傾向なんかを判断して1から真剣に育てた子がいないんだよねぇ。
ってことで、今、まず一匹を育成中です。

さて、この週末で、一通り集会浴場のクエストをクリアしました。
もちろん、素材とか色々と今後もクリアしていきたいものが沢山残っていますが、
とりあえず、村の☆5まで、集会浴場下位☆1~5、集会浴場上位☆6~8と温泉、ドリンク、に金のCLEARマークがつきました。
残っているのは、村☆6『終焉を喰らう者』。

...訓練所/初心者演習とか集団演習は見なかったことに...w。
個人的には、訓練所/集団演習 のソロクリアが一番きついんじゃないか...と思っていますw。
たぶん、一切のごまかしが効かないのがコレ。
他は、いい防具をそろえたり、スキルでカバーしたりアイテムを湯水のようにつぎ込んで誤魔化すことが可能なのですが、訓練所はすべてが縛りとして存在していますし、自分の使い慣れたカテゴリの武器がないとどうしようもなくなります。
...まぁクリアマークだけなら、複数人で行けばいいんだろうけどねぇ。

まずは、オトモ育成と、終焉を喰らう者 が目標で、それが終わったら...訓練所も考えてみようっと。

2011年2月 1日

MHP3のここを改善してほしいっ!

■ポーチ
絶対欲しいのは、剣士用ポーチと、ガンナー用ポーチ。
普通に考えても見てください。
狩りに行くときに、マイセットで防具と武器のセットを自宅に準備しているハンターが、なぜ、ポーチだけは、毎回毎回、砥石を引っ張り出して、弾をつめるんですか?
両方用意してあって、必要なほうを担いでいくのが普通でしょう?
もちろん、それが楽しみだということもあるかもしれませんが、普通の狩りの生活をするハンターにとって見れば、ポーチを2個用意しておくのは普通だと思います。
今回の装備のマイセットみたいに、装飾品の脱着まで自動ってのまでは期待しません。

お金が無いときは、護符や爪は毎回入れ替えてもいいと思います。

仕事用の鞄と、遊び用の鞄で、財布と携帯だけは入れ替えて出かけるみたいな...。
もちろんお金に余裕が出てくれば、必要なものは2個買ってそれぞれに入れておけばいいんだし。

そういう意味では今回の装飾品の自動脱着はちょっと行き過ぎかも?とも思いました。
本来填まっている珠は、外して装着しなおす手間ってのは必要で、それが嫌なら頑張って素材とお金を溜めて複数作ってはめ込んでおけばいいので。
#って自動化されているよね(笑)?2スロの防具2種類をそれぞれのマイセットに登録しておいて、同じ装飾品の2スロの珠をそれぞれ填めた状態でのマイセット登録。2スロの珠は1つでOK?だよね?だめだっけw?
まぁ便利なのは便利なので、活用させてもらっていますが。

せめて2ページの共通ポーチとそれぞれ1ページの剣士用ポーチ、ガンナー用ポーチ にして、双方で必要な回復薬などは共通ポーチへ、砥石は剣士用ポーチ、弾はガンナー用ポーチへいれておくとか。
そんな感じにしてくれれば、パーティプレイで、さくっと装備を変えられるんですけどねぇ。

■装備品のアイテムボックスの並べ替え
お守りを独立させて欲しい...。
武器は、種類、属性、攻撃力などで見やすく、防具はシリーズ毎や、マイセット毎に並べてあるのですが、お守りが山ほど手に入って分類分けが大変です。間違えてセレクトで並べ替え後に確定してしまったりしたら涙ものです。どんどん武器防具の隙間に入り込んで来るし...<鑑定後のお守り。

■アイテムボックス、装備品ボックスの操作性の統一を...。
ページめくりが、十字ボタンの左右だったり、LRボタンだったり、△押しながらのLRボタンだったり...。
後はスキルの一覧を見るときに、大画面なら十字の左右が、サブ画面になるとLRに変わったり、□ボタンを押して切り替えてからの左右やLRなど...。直感的じゃないんですよ。過去のインターフェイスを引き継ぎながら、新機能にも対応しているという感じで、悪い意味でカオスになってきている気がします。
一度、過去のインターフェイス資産を一切捨てて、再構築しなおす時期に来ているんじゃないかと思います。


他にも色々ありますが、サックリ思いついた点を書いてみました。

面倒くさい作業も、ハンターの日常生活では当然の部分、ってところは自動化しないで欲しいし(それがいい意味でゲームにのめり込める部分なので...(今回の装飾品のマイセットでの自動化なんかは厳しい言い方では改悪かも知れないと)残してもらって、実際の生活でもそれはやらないだろうという部分はしっかり作りこんでもらいたい(剣士用/ガンナー用ポーチの分離など)と思います。
まぁもちろん、最高のゲームだからこそ、こういう部分が気になってくるわけで、どうでもいいゲームなら「もういいや...やめたっ!」って言って終わりなんですけどね(笑)。

モンハンラジオ2ndのポットキャストを聞いて、モーション担当の苦労とかを聞いた上で、ポーチとかアイテムボックスの担当はどうしたっ!って思ってしまったわけで(笑)。

SONYの新BDリモコン

テレビやAVアンプなども操作可能な新"BDリモートコントローラ"が2011年3月31日に発売 - ファミ通.com

テレビやAVアンプなども操作可能な新"BDリモートコントローラ"が2011年3月31日に発売

悩んで買うのをためらっていた、torne用のリモコンですが、これで踏ん切りがつきそうです。 いつもPS3のコントローラがタイムアウトして、PSボタンを押してからBluetoothの認証の時間を経由して、操作が可能になっていたのがどうも使いにくかったのですが、 #コントローラの自動電源OFFにすればいいのですが、そうすると今度は充電がすぐに切れてしまうのが問題でした。 ずっと、既存のBluetoothのリモコンを買おうかどうしようか迷っていました。 これ以上、リモコン増やすのもなぁ...とか、間違って触った瞬間にPS3の電源が入っちゃうしなぁとか、色々自分に言い聞かせて買うのを諦めていましたが、TVなんかのリモコンもプリセットで使えるとなると、これ1個で済むわけで。やっと買おうという決心がつきました。

後は、torneがこれだけ復旧していると、いきなり売り切れで手に入らないという点だけ気をつけておけば大丈夫かな?

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。