« 3DS:本当に買いか? | ホーム | 2011年春の交流戦 第一戦 .vs.鹿島 »

2011年4月30日

SONY問題:対応に問題あり?

ハッカーのGeohotがPSN障害について発言、関与を否定 | インサイド

更に、今回の事件はソニーの技術者の責任ではなく、ハッカーに対して戦争を仕掛けた管理職の人間の責任だと指摘。セキュリティーのプロを雇うべきだった時に弁護士を次々と雇うなどして、ハッカーコミュニティーを敵に回したのは良いアイデアではなかったと述べています。
全くその通り。 セキュリティに問題があれば、まずはその問題をどうにかするのが最優先であり、家の壁の穴をふさぎもせずに、その穴に手を突っ込んだ通行人を訴える為に訴訟を起こすって......。 大抵の場合、管理職が考えることはどこかずれていて、特に企業が大きくなるにつれてこの傾向は大きくなるもの。特にセキュリティに関しては、IT企業に特化すれば、ベンチャーや中小企業の方が技術者が率先してやってる方が多いので安心できる。 特にベンチャーなんてそういうのが好きな人間が立ち上げている場合も多く、趣味の範囲が下手な大企業のセキュリティを凌ぐほどのものも多い。

まぁ、どうでもいいから、GWに遊ぼうと思っていたぽかぽかアイルー村のDL販売をどうにかしてくれぃ。UMDはMHP3が入っているからDL版じゃないと意味がないのよ...。ほんと...。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2011年4月30日 09:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3DS:本当に買いか?」です。

次のブログ記事は「2011年春の交流戦 第一戦 .vs.鹿島」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。