« PSN:いい加減に復活してください。 | ホーム | SONYの影に隠れてスクエニが... »

2011年5月16日

週末...の家内配線作業。

ノジマ相模原ライズに関しては......。ちょっと、精神的ダメージが大きくて、放置。
写真の整理をするモチベーションがないのです。
最後の一秒まで応援していた、Sunsの写真とか、全力で応援していた、KidsSunsとJuniorSunsの画像なので、早く整理して、メンバー用に公開しないといけないんですけど。

んで、機械的に作業できるように、家のネットワーク機器とかアンテナ線周りとかテレビとかレコーダー関連の配線を見直して作業してました。

電源は、上記の機器だけでコンセント9個。とりあえず、地デジのブースターは壁から直で、それ以外は壁から6個口+3個口のデジーチェインで確保。10個口のタップにしようかと思ったんだけど、隣と干渉しそうなプラグが何個かあったので、それを分けました。

有線LANも6機器とかあって面倒くさい。HUBに接続している最中に、ふと「あぁ、これだもの。IPV4が枯渇するわなぁ...」などとにべもないことを考えてしまいました。

さて、一番の問題は、アンテナ線。イマイチアンテナの受信状態が悪い山陰の地域なので、MX-TVの利得ががっくり下がっているためブースター必須。接続機器は最小限にして損失を少なくする必要があるのです。しかも低コストでw。
ということで、BSのアンテナは、地上波と、混合/分波 するとコスト高(もしくは損失大)となるため、別系統で引いてます。なので、こいつはそれほど問題なく単独で2分配+デジーチェインで接続しレベルも十分。
さて、問題の地デジです。
本来ブースターは屋根上のアンテナ直後に入れると良いんですが、屋根の上に上る気力がないので、壁からの引き込み直後に接続。んでこれへの電源供給用のボックスを経由して、その後2分配。片系をLaVieのWirelessTVへ入力(こいつに出力もあれば問題がないんだけどねぇ...)。もう片系をレコーダーを経由してTorne経由でTVへ。4分配するよりも損失が少ないはず...ということで接続してみました。一応MXも、最終端のTVではたまにブロックノイズが入るものの、レコーダーやTorne、WirelessTVでは問題なし。このあたりもう少し接続を考えて、アンテナレベルを確認してみたいと思います。



ブースター

ブースター用の15V電源BOX

2分配
↓ ↓
↓ WIrelessTV(LaVie用)
レコーダー

Torne

TV

一応、アンテナのINとOUTがある機器は、ブースター内蔵だったり損失が少なく設計されているので、分配して終端として繋ぐよりも、デジーチェインしたほうがいいという説明があったので。
○ 壁→機器A→機器B

× 壁→2分配器→機器A
         └→機器B
だ、そうです。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2011年5月16日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PSN:いい加減に復活してください。」です。

次のブログ記事は「SONYの影に隠れてスクエニが...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。