« 国の運営は、もう、ぐっちゃぐっちゃだねぇ。 | ホーム | 減量その4 »

2011年6月 2日

宅内配線見直し

ADSLから光に変更することになったので、宅内配線のみなおしをかけてみた。

既存のADSLモデムと無線LAN-APが、ホームゲートウェイ(HGW)に集約出来ると踏んでいたので、コンセントが1個空くかな?程度だったんだけど、実はONU(光回線終端装置)にコンセントが必要だったことをすっかり失念していた。

ただし、HGWに、WAN以外にLANの口が4つあったため、現在使っているHUBを撤去できることが判明。当面壊れたPS3を撤去することで、サブで繋いでいる3口の電源を撤去できることが分かった。

テレビ、ネットワーク周りで、6個のコンセントで収まるため、要塞エリアに引いていある6個口のタップでまかなえることに。LANも簡素化できて、
ONU→HGW→WirelessTV
        →HDDレコーダ
        →TV
        →予備(PS3用orKAI時PC用)
となるため、ネットワークが簡略化できる。
また、HGWにはUSBポートが2つあり、ここにメモリやHDDを繋ぐことで、簡易NASのサービスも提供できるらしい。宅内でかみさんとファイルのやり取りをするにはかなり便利になりそう。

最近は、地震や停電を考えると、バスパワーのモバイルHDDのほうが有利かも知れないと思うようになってきた。最近のは1.5mの落下試験に対応していたりするし、ノートパソコンに繋いでいれば、いきなり停電してもHDDが壊れることもなさそう。

HGWとONUをUPS駆動にしておけば、それなりに何とかなりそうな感じ。

とりあえず来週工事なのでそれまでにはネットワークを細かく見直そうと思う。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2011年6月 2日 16:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「国の運営は、もう、ぐっちゃぐっちゃだねぇ。」です。

次のブログ記事は「減量その4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。