« 減量その5(目標達成です!) | ホーム | 震災による観光打撃 »

2011年6月14日

新しいガンダムがガンダムであることの必要性

新しいガンダムAGEの政策が発表になったが、どちらかというと、ガンダムではなく、スーパーロボットの流れだと思う。

モビルスーツを動かすのに血筋が関係したり、相手が得体の知れないものだったりするのは、やっぱりスーパーロボットの系列であって欲しい。
マシンはサイエンスフィクションであって欲しいし、ファンタジーの部類は人の進化(ニュータイプでありSEEDを持つもの)であって、その組み合わせの上に成り立って欲しいと切に願う。

モビルスーツが勝手に進化されるのもなぁ...。
3世代がキーってのも、レベルファイブのお得意芸なので全体では面白いものになるとは思うのだけど...。

最終的には、ガンダムのネームバリューでのインパクトと固定ファンで初動を耐えつつ新規開拓したいってのと、バンダイの玩具戦略として様々なラインナップ商法に持って行きたいんだろうけど...。

どちらかというと、武者ガンダムとかSDガンダム外伝みたいな亜種作品で終わりそうな予感。

制作スタッフも現時点で想定できる最強の布陣だと自負しており、「進化なくして未来はない」ということで、従来のガンダムファンはもちろん未来を担うガンダムファンに新しいガンダムを届けたい

スタッフは...能力高いのを集めれば言い訳ではなく、いい方向にまとまるスタッフが揃うと良いものが出来ると思うんだけど、王様と飛車角ばかりで戦おうとしているような...。あ、主砲ばかり集めた時代の巨人みたい?な感じ。あの時代の巨人は打線が繋がらなくてボロボロだったよねぇw。
んー。従来のガンダムファンは...あまり嬉しいとは思ってないんじゃなかろうか...。
とりあえず、コロコロあたりで連載すれば、未来を担うガンダムファンは沢山獲得できるんじゃないかなw?

ってか、商魂出すぎw。

ゲームからカードからプラモから玩具に至るまで、ありとあらゆるバンダイの部門から出るよねぇ。そのラインナップ見ただけで、引くわぁw。


やっぱりガンダムは宇宙世紀じゃなきゃねぇ。オリジナルと00とSEEDくらいは楽しめたけど、ここまで脱線すると、ガンダムの冠が付いていない方が素直に楽しめたなぁ...。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2011年6月14日 11:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「減量その5(目標達成です!)」です。

次のブログ記事は「震災による観光打撃」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。