« 震災による観光打撃 | ホーム | 減量その6 »

2011年6月14日

値段が下がった、下がらない、上がった、上がらない

極、身近なところで、きになった事。

30年前。
缶コーヒーは、250mlで100円だったと思います。
今はショート缶とか、もっとひどい1ショット缶みたいなものや、130円とかの缶コーヒーもありますが、メジャーどころのメーカーはロング缶(250ml)で、120円。
30年以上たっても、20円増しです。しかも5%の消費税を含んでいます。私が子供のころは消費税なんてありませんでしたw。

さてカルビーのポテトチップス。
私が子供のころは、100gの袋が100円で売っていました。
今は85gで144円(税別)...?ほぼ1.7倍になっています。
たしか最初の変更は、100g/100円→110g/120円...だったような...。そのあとこっそり100g/120円になって...みたいに、ちょっとずつ内容量を減らしたり、消費税導入とかのタイミングで誤差分切り上げたりしたんじゃなかったかなぁ...。このあたりの記憶は定かではないです。


他に気になったものは...。

パソコン。
20年前は、そこそこのものを買おうとすると、1セット80万とかしてました。
性能なんて、何百分の1とか...何千分の1とか?
それが今では、価格1/10で、性能は千倍とか...。

パソコンの性能/価格を考えると、カメラのレンズ...。
何でもっと値段が下がらないんだろうなぁ...。

基盤と、ガラス?と、コーティングと、筐体の樹脂とか金属とか...。
そんな驚くようなものは使っていないと思うんだけどねぇ。
儲けとか工賃とかを一切除いた純粋な材料費って...、100万するレンズも5万のレンズも、同じ数千円だったりしないのかなぁ...。

デジタル一眼と交換レンズ。価格破壊してくれるようなメーカー、出てきてくれないかなぁ。
全体的に、1D4よりちょっと性能が落ちるボディ。若干フォーカスが甘かったりするけど、とにかく明るさに特化した長玉レンズw。セットで3万くらいで出てきたら、各メーカー本当にあわてると思うんだけどなぁ。
やっぱりそういうメーカーが出てこないと、ただただメーカーが儲けるだけの価格設定になってる気がする...。


いや、ただ単に、白いレンズが欲しいんだけど、買えない値段だなぁ...って暴れてるだけなんですけどね(笑)。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2011年6月14日 16:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「震災による観光打撃」です。

次のブログ記事は「減量その6」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。