« 妖精作戦-笹本祐一 | ホーム | 9月7日 19:00キックオフ .vs.オービックシーガルズ »

2011年8月31日

3Dのヘッドマウントディスプレイ

ソニー、3D対応有機ELヘッドマウントディスプレイHMZ-T1を11月11日発売。6万円前後

ソニーがヘッドマウントディスプレイの新製品 " Personal 3D Viewer " HMZ-T1を発表しました。1280 x 720 解像度の0.7型有機ELパネルを左右2つ搭載し、シャッターや偏光ではない自然なステレオ3D表示を実現します。また水平視野角45度の広い視野も特徴。「20メートル先に750型画面相当」の映画館クラスワイドスクリーンを謳っています。

MHP3rd HDVerを遊ぶには良さそうですが...。

「20メートル先に750型画面相当」 ってわかりにくいわっ!!
実は1.5m先くらいに再計算すると、32インチくらいだったりします?これ。

なんか、視野角計算して、再計算すれば出そうな気もしますが、面倒くさいw。
「2メートル先に60インチ大画面 (相当)」等と謳いつつ、実感は「目と鼻の先に切手サイズ画面」みたいのもあるけど、これは違う...って書かれているけど...。

実物見るまでは、期待しちゃいけませんよね(笑)。

どうせなら、昨日?発表の、3Dサラウンドヘッドホンとセットにしてくれればいいのにねぇ。

とはいえ、シャッターや偏光じゃないってだけでも、違和感は少なくなりますね。
平行法で無理やりピント調整をシなくてもいい状態...ってことだよね。それは自然に見えそうだな...。

是非店頭でMHP3rdHDVerのデモをやっていただきたいと思います。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2011年8月31日 17:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「妖精作戦-笹本祐一」です。

次のブログ記事は「9月7日 19:00キックオフ .vs.オービックシーガルズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。