« 9月25日 13:30キックオフ .vs.アサヒビールシルバースター | ホーム | 【アメフト】シルバースター戦 »

2011年9月23日

iPhone by au

情報がすっぱ抜かれたから、Appleが契約を渋る...とかって噂...。それほどAppleは馬鹿じゃないでしょ。
日本で、SBがこれだけ展開してきて、あと広がる裾野は、周波数方式が違うauにするほうが、一気に広がる。DoCoMoなら、ロック外してしまえば一応SBので動くしね。

んで、来年発売って噂。

まぁ、もともと、auの秋冬モデルの場合、早いと11月発売で、遅れると平気で年明けとかになりますから、別に驚くほどのことではないかと。
4年近くも待たされたのを考えたら、ここで、2ヶ月くらいずれても、恐くもなんともありませんって。

さて、毒リンゴ説。

実は、これが一番auにとっては痛いのではないかと思います。

そもそも、来週月曜日の26日の秋モデルの発表会。
Appleの公式発表がない状態で、iPhoneの発表は出来ないはずです。
となると、その他のモデル、特に、Android携帯は、テザ含めて、大体的に発表するはずだったと思います。
その後、1ヶ月程度遅れて、iPhoneが発表されるのならまだしも、発表会の直前にスクープ記事が出てしまって話題がiPhone一色の状態では、26日に発表されるAndroid携帯は、どんなに頑張ってもほとんど相手にされない状態になる可能性が高いです。発表会の場も全てiPhoneの質問一色となった挙句、情報開示前の守秘契約の為「コメントできません」「コメントできません」「コメントできません」で終わってしまう発表会となる可能性が高いのです。auにとっては、テザ対応のAndroidを複数投入(するであろう)大切な発表だったにも関わらず。

また、発表されても、iPhoneが出る(かもしれない)状態では、ほとんどのユーザはiPhoneに流れるか、少なくてもiPhoneの状態を確認した上で秋モデルのAndroid携帯を比較選択するでしょう。
そうなると、鳴り物入りの発表会のハズが、蓋を開けてみれば、iPhoneが発売になるまで買控えが起こる可能性も大きい状態です。

本来ならば、秋モデルの発表で勢いをつけた状態で、iPhoneで更にブースト加速するはずが、いきなり出足で急ブレーキ...というか、スタートゲートにぶち当たってエンスト状態になってしまう。
そういう意味では、この週明けをワクワクして待っていた関係者は、直前で戦々恐々の状態となってしまったのではないでしょうか...。

最近では、Androidが盛り返してきたとはいえ、ユーザインターフェイスの洗練さはAppleに勝てません。PCとの連携についても同様です。

「道具(Tool)は使いやすくなければ意味が無い。」
昔からの私のポリシーでいろいろ使ってきましたが、未だにiTunesの使いやすさは秀逸だなぁと思っています。PalmDesktopしかり、iTunesしかり。Palmしかり、iPodしかり。ストレスなく高レスポンスで使えるツールこそが一番のツールだという考えは変わりません。

レスポンスとUIとバランス。

これらが揃ったモノは間違いなく自分の手足となる道具なのは、未だに変わりません。


ということで、auでiPhone。是非是非出してください(笑)。
SBの乗り換えは...電波の面とサポートの面で、却下しましたし、DoCoMoSIM運用はコスト面で却下しました。
多分、他にも、auでiPhoneを待っていたユーザは山ほどいると思いますので、auでだしてください>Apple社。
日経がすっぱ抜いたくらいで、auとの契約を考えなおす...なんて子供じみた真似をするようなAppleだとは思いたくありません(笑)。

まぁ、これで契約破棄になんてなったら、矛先はauにはなく、8:2で、日経とAppleだな。
その時は、日経ビジネスをみんなで恨みましょう(笑)。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2011年9月23日 13:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9月25日 13:30キックオフ .vs.アサヒビールシルバースター」です。

次のブログ記事は「【アメフト】シルバースター戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。