« X1秋 1stStage 第五戦 vs 日本ユニシスBULLS | ホーム | 相変わらず、欝を病気と思っていない馬鹿な産業医が... »

2011年10月25日

【アメフト】ライズ、セカンドステージへ

さて、激戦のセントラルを2位抜けしたライズですが。
(最終節の写真はもう少しお待ちください(笑))

セカンドステージを抜けるためには、鹿島、アズワンに勝たないと行けません。
個人サイトなので、好き放題書かせていただくと、11/12のアズワン戦は、まぁしっかりと勝っていただくとして...。
#ここで危ない試合なんてしてたら、日本一なんて夢のまた夢ですから。

問題は、11/20の横スタ 鹿島戦。

もちろん勝利が絶対条件です。
今後の全5戦、全て勝たなければ行けないのは確かですが、一つ目の山は間違いなく11/20。

ファイナルステージに残るためには、セカンドステージのブロックで一位にならないと行けません。
順位決定は以下のとおり。

 1.総勝ち星(ファースト・ステージ+セカンド・ステージの総勝ち星)
  ファースト・ステージ全5試合とセカンド・ステージ全2試合の計7試合の勝ち星数で順位を決定する。
 2.当該チーム間の直接対決勝敗
 3.当該チーム間の直接対決得失点差(1試合上限20点)
 4.当該チームファースト・ステージ全試合の総得失TD数差
 5.抽選

となっています。

ライズが鹿島とアズワンに勝って、初めて鹿島と6勝1敗で並びます。
これでやっと1番の条件で同じ条件に立てるわけです。

そうなると2番。
セカンドステージで当該チーム間の直接対決で勝っているわけですから、ここで初めてセカンドステージブロックで1位が決まります。ちなみにアズワンが2勝、ライズが1勝の場合のみ、5勝2敗で3チームが並び、2の条件も1勝1敗になるので、3番以降が有効になりますが...。

とにかく、鹿島に負けたらあっさり鹿島がブロック1位になってしまうので、絶対負けられません。

鹿島は派手さは無いですが、力強い攻撃と鉄壁の守備で、玄人好みの試合をするXで一番負けないチームだと思っています。
ある意味、事故負けすることがあるオービックよりも勝つのが難しいチームだと思っています。

オークス・スカイラークス時代は僅差で勝つことが多かったのですが、実際この2年で差が付いている可能性も否定できません。
11/20は、ライズのこの3年間で一番の山場なので、横浜スタジアムをオレンジで埋め尽くして、全てのパワーをライズに送りましょう!

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2011年10月25日 17:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「X1秋 1stStage 第五戦 vs 日本ユニシスBULLS」です。

次のブログ記事は「相変わらず、欝を病気と思っていない馬鹿な産業医が...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。