« 【アメフト】ノジマ相模原ライズのファイナルステージ決定! | ホーム | パソコン »

2011年11月21日

3年間の想い

悪い夢だと思われたメールをもらったのが、2008年12月18日。

次の富士通戦12月4日に勝てば、あれから3年経過後の12月19日に社会人一位を決めるX Bowlに手が届きます。

このサイトを立ち上げたのが、新チームの発表があった2009年3月14日から3日後の3月17日。

すでに2年8ヶ月が経っています。


3年で日本一。

初めて聞いたときには、目標としては、あまりにもドでかい目標。
でも石井代表の目には、疑問も動揺も恐れも現さない強い輝きがありました。

そして、昨日の試合中のサイドラインに立った石井代表。
その表情には、どんなに自分を鼓舞して不安を現さないように頑張ってきたかを思い知らされました。


そして昨日は、ずっと笑顔を絶やさずに応援し続けてきたチアの皆さん。
試合が終わった、SUNSのメンバーの目にも涙がありました。
3年で日本一という、同じ目標を目指してどん底から頑張ってきたチアのメンバー。

スタジアムスタンドのファンの皆さん。
歓喜で躍り上がっている人、目に涙を貯めている人、様々な反応でしたが、みんなの思いはひとつです。


昨日今日と色々なファンの方の、twitter,facebook,Blogなどで、「やっとここまできた」とか「ここまで来たからには...」などという文字が踊っています。
この3年間を知る人の言葉には、「まだまだ通過点、最後まで...」と。「まだ泣くのは早い。あと3つ。」と。


1つ1つの出来事に、泣いて、笑って、喜んで、悔しがって...。


それを、みんなで分かち合える、ライズって本当に最高のチームです。

「あと3つ」じゃないんです。
「次の1つに全てを」そうやって、ここまでやってきたんです。

「3年で日本一」が目に見える目標だったのかもしれません。
でも、ライズに関わったすべての人は、今できることを精一杯やってきたからこそ、今のライズがあることを知っていると思います。


今後1年後、5年後、10年後、今の選手、スタッフ、チア、ファンの皆さんが、どういう関わりを持っているかは誰にも分かりません。

それでも、今を精一杯やってこそ、の相模原ライズなのでしょう。


次の富士通戦も、精一杯、応援したいと思います。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2011年11月21日 15:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【アメフト】ノジマ相模原ライズのファイナルステージ決定!」です。

次のブログ記事は「パソコン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。