« 最近、中規模の地震が気になりますね | ホーム | 電話機としてのスマートフォン »

2011年11月30日

通勤時間延長...して1ヶ月。何が変わったか?

10月の末日から、武蔵小杉から三田に勤務地が変更になりました。
まぁ、この2つの拠点で、どんな会社か分かる人にはよーく分かると思いますが(笑)。

んで、通勤時間が30分ほど延長になりました。

乗り換えや徒歩時間延長などもあるので、丸々30分何もしない...というわけではないはないのですが、やっぱり電車内での時間に余裕が出てきて、できることも増えます。
もちろん比例して...(ん?二次曲線的にか?)疲労も増えますが...。

今までだと音楽が中心だったんだけど、電車での時間が格段に増えたため手持ちのDVDから取り込んだ映画を見ることが増えました。

が、それほど、手持ちのDVDが多いわけでもなく、iPod nano(5G)への取り込みも煩雑で、リッピング、エンコード、itunesへ取り込み、同期...と手間もかかります。

テレビの録画が簡単に取り込めれば、昨日のドラマを見るなど、もっと有効に使えるんですけどね。


HDDレコーダーと、そのレコーダーが出しているミュージックプレーヤーや携帯、スマフォなんかをセットで使うと、このあたりも結構簡単に出来るようなんですが(SONYとかSharp)、そのために両方を揃えるってほど、切羽詰っているわけでもないので...。

そういう意味では、PS3+torne+PSPのインフラはかなり便利だったと思います。
まぁPS3が壊れてしまって、torneとmhp3のアドパの為だけにPS3を再購入する気もなかったので、これも...まぁそのうち面白いゲームが出れば、再構築も考えようなぁ...程度になっています。


ちょっと前に、WinXDVD社が、WinX DVD Ripper Platinumのライセンスを無料で配っていたので、試してみたのですが、これがかなり使いやすい。
DVDを入れて認識させて、音声と字幕を選んで、出力形式をテンプレートから選択して、実行... と4ステップ程度で、mp4ファイルを吐き出してくれます。
基本、iPodnanoの小さな画面で電車の中で見るだけですので、音声は基本的に日本語を選ぶのですが、字幕の扱いとか音声の第一/第二なんかがフリーのソフトだとわかりにくいんですよね。また出力したファイルのアスペクト比がおかしくて縦長だったり横長だったり...と昔はよくミスがあったのですが。このソフトテンプレートもしっかりしていて、思った通りのファイルが出力されました。これは、今後、バージョンアップされたら、有料版の購入もありだと思うくらいできが良かったです。

んで、エンコードも速いんですよね。エンコードの形式やサイズにもよると思いますが、フリーのソフトを使った場合2時間の映画が3時間半くらいかかるプアな環境(笑)の私のPCですが、640x480のmp4のエンコードで、50分程度で終了します。
かみさんが使っているそれなりに新しいパソコンの環境だと、映画一本のエンコードに30分かからずに終わるんじゃないか?とかっていうくらい速いです。

ということで、洋画からアニメから音楽DVDまで(笑)、通勤のオトモに片っ端から取り込みをしています。

さすがに、電車でラピュタあたりを見るには勇気がいりますけどねぇ...(笑)。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2011年11月30日 13:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最近、中規模の地震が気になりますね」です。

次のブログ記事は「電話機としてのスマートフォン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。