« Xボウル サンズパフォーマンス情報 | ホーム | [iPhone4S]iCloudメール不調 と、カメラ »

2011年12月14日

SONYのカメラ...

インタビュー:ミラーレスの「今」と「これから」【ソニー編】 - デジカメWatch

--現状、APS-Cサイズの画質が魅力的というのは、確かにその通りかも知れません。しかし、5年後にセンサーの性能が向上し、レンズの硝材や加工技術などが向上していると考えると、システムが完成する頃には、もう少し小さなサイズがスイートスポットになるかもしれません。将来の見込みといった視点で見た時はどうでしょう? 「今のところAPS-Cサイズであることのメリットが大きいと考えています。もちろんもっと小さなサイズのイメージセンサーでも今より高画質にできる技術も進化すると思いますが、4Kなど、より高画質化のニーズも進んでいくと思いますので、総合的に考えていきつつ、レンズの小型化も検討します」

ソニーらしさといえばソニーらしさが前面に出てますよね、NEX。

ただ、全部を読んでみて...、やっぱりSONYは電子屋さんなんだなぁ...と。
どう考えても、光学屋さんの考え方では無いですね。
これじゃ、やっぱりSONYのカメラは、自分としては使えないな。

2,3年程度で買い換えるコンデジの感覚で買わないと、SONYの戦略はきつそうだ。

真剣にやるのならニコンやキヤノンのデジイチだし、ミラーレスならJ1かオリンパスのPENだろう。
それより手軽に取りたいのなら、コンデジかペンタのQあたりに落ち着く。

レンズも少しづつ買い足してずっと趣味としてやっていきたい、と思った場合はαに手を出すのはあまりにも勇気がいる。
今までのSONYを考えると、5年後に、デジイチとマウント、やめまーす...ってありそうで怖いのですよ。

ミラーレスに関しても、長く使いたいという方よりも、量販店で目移りして店員に勧められて買いました...って人が多そうな気がします<NEX
SONYが好きじゃなければ(すきな私でも、う~ん...と悩む状態)、手に取らないと思うんですよね。なんだろう、ターゲットとコンセプトと市場ニーズが微妙にズレているんじゃないだろうか。

なんか、最近のSONYは万人向けの最大公約数的な部分を狙って、失敗しているような気がしてならない。もっとトンガッタ製品とか、万人向けならその分野で他社の追従を許さないものを発売出来るはずの会社なのに他社並みになってしまっているのが、ちょっと悲しい気がする。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2011年12月14日 11:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Xボウル サンズパフォーマンス情報」です。

次のブログ記事は「[iPhone4S]iCloudメール不調 と、カメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。