« KDDIでも通信障害=auのスマホなど最大130万人に影響 | ホーム | 技術だけではなく、ブランドも使い回しているよねぇ…。 »

2012年2月17日

ティルトレンズって、構造理論は簡単なんだけど、光学計算とか面倒くさそうで、無視してたけど…。

ティルトシフトレンズ自作方法:シャワーヘッドとゴム手袋をご用意ください。 : ギズモード・ジャパン

ティルトシフト写真、普通の風景もミニチュアみたいになって、面白いですよね。専用レンズやソフトを使ったり、それ用のカメラを買っちゃったり、やり方はいろいろあります。でもチャレンジ好きな方なら、ティルトシフトレンズの自作に挑戦してみてはいかがでしょうか?

これって面白そうですねw。

CANONの50mmF1.8IIって8000円そこそこなので、遊んでみるのはいいかもしれません。
もしくは、ジャンクレンズを500円くらいで買ってきて、マウント使って遊ぶとか…。

とりあえず、接写リングが欲しいので、ジャンクのEFマウントのレンズ、漁ってみるかなぁ…。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2012年2月17日 17:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「KDDIでも通信障害=auのスマホなど最大130万人に影響」です。

次のブログ記事は「技術だけではなく、ブランドも使い回しているよねぇ…。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。