« 2012年 シーズンスタート | ホーム | iOSのアップデートが失敗 »

2012年3月 5日

2012年(度)の手帳は、HYBRID(笑)。

毎年のように、紙になったりPDAになったりしていた手帳ですが。

今年は、iPhoneでi手帳を使うんだろうなぁ...と漠然と考えていました。
んで、昨日、娘のチアレッスンの帰りに、娘のチアのノート(活動記録帳みたいなもの)を買うために、東急ハンズに寄ったのですが、そこでsmarecoなるものを発見。
思わず買ってきてしまいました。

最近流行りの、紙とスマフォ(アプリを使っての)連動企画w。


そもそも、RHODIAのメモパッドを使っていたのですが、最近はSHOT NOTEに鞍替えして、メモした片っ端からiPhoneに取り込んでいたのですが、これが結構便利だったんですよ。


んで、やっぱり手書きで書いたものを、画像とは言えiPhoneに取り込めるってのは、かなり便利だという事で、スケジュール帳が連動出来る...という事でそそくさと買ってしまいました(笑)。


まぁ、それなりに便利では有るのですが、どうしても必要か?というと微妙な感じ。

書いた内容をOCRで文字にしてくれればすごい便利になるんでしょうけど、現時点ではそこまではしてくれない。
標準のカレンダーのメモ欄に、画像(のリンク)が張り付く感じです。

色々頑張っている感は有るんですが、洗練されていない感じです。

アプリも、カレンダーアプリが横限定ってのも結構厳しいです。
アプリを立ち上げたら、いきなり強制的に横向きでカレンダー(画像)が表示されます。
んで、更には、smareco Diaryの当月分を取り込もうとしてカレンダーアプリの中からカメラを立ち上げるといきなり縦画面での撮影になるという...。なんとも、痒い所が有りまくりなアプリとなっています(笑)。

あとは、SHOTNOTEと別アプリってのも...まぁ仕方ないとは言え...なんだかなぁ...って感じですねぇ。

各社APIを公開してくれたら、優秀なプログラマが有料無料で作ってくれると思うんですけどねぇ...。

そのほうが、最終的に紙のノートパッドやスケジュールが売れると思うんだが...。
この辺りやっぱり日本の企業って感じがしてなりません(^^;。


ということで、smareco Diaryですが...ほぼ9割方、紙のスケジュール帳となりそうな予感がします(^^;。

まぁ実際、見開き1ヶ月カレンダーのスケジュール帳としては結構書きやすいし、やっぱり仕事でスケジュール調整をした時にiPhoneを取り出して...とやると余り良いイメージを持たないおじさん連中も多いし、やっぱり何倍も紙の方が視認性が高いので、まぁ悪くはない買い物ではあったかなぁ...と。

そのうち、アプリがもっと使いやすくなるかもしれないですしね。


もっともっと、洗練される事を希望する分野だと思います。

OCRで文字変換してくれて、今月対応予定(かもしれない)のsiriとも連携したりしたら、そりゃ驚きます。

機能や発想は悪くはないので、もう少し進化してくれたら、化けそうだな...と。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2012年3月 5日 16:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012年 シーズンスタート」です。

次のブログ記事は「iOSのアップデートが失敗」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。