« auのiPhone4Sでメールのリアルタイム受信 | ホーム | 思ったほど効果を上げないんじゃない?って思うもの。 »

2012年3月14日

カーニバルナイト(ミニスカ宇宙海賊で有名な笹本祐一作)をiPhoneで読む

最近では、ももクロZとかモーパイとかモーレツ宇宙海賊とかミニスカ宇宙海賊とかのキーワードなど、色々ヒットする、笹本祐一先生。

初期作品の、妖精作戦のPart3、カーニバルナイトが、Jコミで公開されました。

http://www.j-comi.jp/book/comic/4441
ここで、無料でPDFを落とすことができます。
また、創元SF文庫 から 新装版のカーニバルナイトももうすぐ発売されます。

まだ笹本祐一先生の作品を読んだことが無い方、アニメのモーレツ宇宙海賊から原作経由の方は、是非読んでみてください。
さすがに、初期の作品は...何十年前だ?もうすぐ30年!? えーと(^^;
...気をとりなおして...。
まぁ、ちょっとだけ時代背景とか表現とかがレトロ感があるかもしれませんが(^^;...四半世紀過ぎた作品とは思えない作品です。

初めて手にしたのが、高校1年の時の妖精作戦の初版でした。
その頃は、今はなき<をい、ソノラマ文庫(緑の背表紙に馬?の全景のマーク)でした。
個人的には、まだ文庫本を沢山買って読むなどという文化もない自分にとって、その作品は衝撃でした。
いま思えば、北海道にいた自分が東京の国立近辺の地理など解るはずもないのに、本当にその場の情景が目に浮かびハラハラしながら読んでいた記憶があります。
冒険好き、SF好きの男の子にとって、それは宝物のような本でした。

その後も買い続け、社会人になり、引越しや結婚なども経験し、その当時の初版本はいつしかどこかに紛れてしまいましたが、何度か出版元が替わり、新装発行されるたびに買って読んできました。

本当に自分の青春のど真ん中に存在する作家さんです。

そんな笹本祐一先生の初期の作品が、
http://www.j-comi.jp/book/comic/4441
 Jコミで無料で読むことができます。

妖精作戦シリーズの1-3はPDFで。
スターダストシティの1もPDFで、2は...専用ビューアで。

妖精作戦シリーズは全4作品なので、次のラスト・レターが最後になります。しかも3巻から続きますので気になる方は...どうしましょ?
んー。オークションで旧版を買って...ってのはせっかく発行してくださっている出版社に申し訳ないし...、出るまで待てっ!ってのは酷だし...。
ソノラマ文庫版の最後は...94年に白い表紙で出ていて...。ローカルな本屋さんを探すと死蔵している所ってないかなぁ...。
あ、図書館っ! 図書館で探してみてください...(^^;。


んで、創元SF文庫 から出たら是非買ってください。
そして、スターダスト・シティも発刊してくださいって読者カードに書いてくださいっ!お願いします。(これは私の個人的な希望w)

いや、このスターダスト・シティ未だかつて再販されてないんですよ。今回のJコミで本当に久しぶりに世に出てきたって感じ。
是非もう一度、紙の本として手に取りたいです。


さて...本題。

iPhoneで読むためにどうするか...。

iPhone版のAdobeReaderが存在しますが、こいつはちょっと目的にあいません。
これは、メールの添付とかサイトに有るものを直接開くために、添付ファイルとかリンクをクリックした時のメニューにReaderで開く...が追加されます。

今回の(特に妖精作戦シリーズのPDFは40MB超ですので、オンラインではつらいものがあります。

ではどうするか。


一番簡単な方法は、PCでダウンロードして、iTunes経由でiPhoneに同期して、iBooks(無料)というアプリで開く方法。
PCでダウンロードした後は、PDFファイルをiTunesのライブラリにPDFファイルをドロップすることでブック内に収められます。
その後同期して、iBooksを起動、上部真ん中のブックとなっている所をタップしてPDFにすることで書架に表紙が追加されているのをみることができますので、それを開くことで読めます。

次は、GoodReaderを使う方法。
PCでPDFファイルをダウンロードするのと並行に、GoodReaderという有料アプリをダウンロードし、Wifi経由でiPhoneに転送し、GoodReaderで開いて読む。
このGoodReaderってアプリは強力で、オンラインストレージや、URL、sftpサーバにアクセスしてダウンロードすることも可能です。
WiFi環境が整っていれば、直接iPhoneでダウンロードすることも可能となっています。
問題は、英語版の為、メニューとかオプションとかが英語なので生粋の日本人にとっては敷居が高い事でしょうか。勿論日本語のPDF表示に問題はありません。

また、両方のアプリで、(多分)PDFファイルの共有は出来ません。


両方共に、一長一短がありますが、これを機にiPhoneでPDFファイルを扱う方法をちょっとだけ勉強しておくのがいいかもしれません。


それぞれ使ってみて、気になった所。

iBooksはページ送りが右から左...です。GoodReaderはページ送りが上から下...です。

どちらも、日本固有の縦書き右綴じ(文庫とか新書ね)だとそれぞれ違和感があります。
このあたり、専用のBookReaderだと、ページ送りが左から右なので、違和感なく読めるんですけどね...。


なんにせよ、笹本祐一先生の作品が、iPhoneに入っている...というだけでも、なんか嬉しくなってしまいます。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2012年3月14日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「auのiPhone4Sでメールのリアルタイム受信」です。

次のブログ記事は「思ったほど効果を上げないんじゃない?って思うもの。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。