« 久しぶりの更新 | ホーム | パールボウル ウェルカム・ハーフタイムショウ »

2013年5月24日

同僚がデジイチを買い替えたいらしいので...。

まず前提として、同僚はニコンユーザということで、私はあまり詳しくはない。

んで、D40とキットレンズあたりで撮影している。
被写体は、一般的な学校行事が中心...かな。
特殊?用途として、ミニバスの撮影とかバンド撮影などもありそう。

ということで、暗いところでもそれなりの写真が撮れることを前提として考えてみた。

とはいえ、所詮自分もしろーとなので、多分に自分の趣味に走っている考察をしてみようと思うw。


まず、キヤノンに乗り換えよう...ってのは却下されると思うので選択肢から外してみる。
#キヤノンに乗り換えてくれれば、いろいろレンズとかも貸せるんだけどね...。
んで、コストをかけたくないのなら、D3200のダブルレンズキットとかを買って家族サービスの一環で使うのが一番幸せになれる。
記録写真と考えれば、さすがにバンドライブはきついかもしれないが、最新のボディにするだけで、それなりの写真は撮れると思う。

ただ、それだけじゃツマラないんで、ちょっとだけ突っ込んでみる。

まず、ボディ。さすがに道楽ではなく趣味のレベルであれば(道を踏み外す手前w)、当然コストとの兼ね合いもあるので、
D5200とかD7100あたりになるかと思う。ただ今回はレンズ資産も見直したいので、
D5200(SS最大1/4000・秒5コマ・ISO6400増感あり)
D7100(SS最大1/8000・秒6コマ(クラップ時7コマ)・ISO6400増感あり)
を比較すると、予算が許せばD7100に行きたいところだが、市場価格を考慮するとD5200を選択するほうがレンズに予算を回せそう。

ボディとレンズで、予算の都合上どちらかを1ランク落とす必要がある場合、迷わずボディのランクを下げるべきだと思っている。
ボディ3年もすると低価格高性能の後継がどんどん出てきて長くても5年程度で買い替えたくなる。しかしレンズはいいものを買っておけば本当に長く使えるということを実感したので、ぜひレンズにお金を回すほうがいいと思う。

次にレンズ。
ここで、単焦点の300㎜f2.8とかをミニバス専用に、85㎜の単焦点をバンドライブにと、買える様なお金持ちならこんな話にはならないのでw、汎用性が高く、室内スポーツさらにはバンドライブとかを考えると、f2.8のズームレンズを選択するのが無難かと思われる。
いろいろ使い勝手がよく、いい画が撮れる
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
を第一優先度としてみた。
最悪、これで初期投資予算がぶっ飛ぶのであれば、ボディはD40を継続使用して二次予算でリプレースという手もある。
多分、ここでSIGMAとかTAMRONあたりの同スペックのレンズに行くよりは後の後悔は少ないと思う。
もちろん最初からここまで予算を割けないのであれば、TAMやSIGMAの同スペックのレンズとD3200あたりでも構わないとは思うが...。

順番としては、
70-200f2.8、D5200、24-70f2.8の順番で揃えていくのが一番楽しんで写真を撮れるのではないだろうか。
70-200f2.8を買った後は、自分の撮影スタイルに合わせていけばいいので、もしかすると24-70f2.8に行かずに、
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
あたりに手を出してみるのもいいかもしれない。

ってことで、とにかく
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
を買うことをお奨めしたい。
ボディがDXフォーマットなのでフルサイズ換算で105-300㎜。体育館の学校行事やミニバスも十分対応できると思う。


って事を刷り込んでおいた。

って、ニコンの70-200、キャノンのEF70-200mmf2.8LⅡ型みたいにきっちり描画してくれるレンズならいいけど、違ったらどうしよう(^^;。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2013年5月24日 14:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久しぶりの更新」です。

次のブログ記事は「パールボウル ウェルカム・ハーフタイムショウ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。