« 同僚がデジイチを買い替えたいらしいので...。 | ホーム | 200-400のテスト »

2013年5月27日

パールボウル ウェルカム・ハーフタイムショウ

東京ドームでのアメフトの試合、年に3回(6月のパールボウル決勝、12月のXボウル決勝、1/3のライスボウル)大きなのがあるが、それにはXリーグチアリーダーのウェルカムダンスショウがある。これに加えて、ハーフタイムショウも有名。またライスボウルは、ハーフではなくオープニングにチアのパフォーマンスを行うこともある。過去のショウでは、しょこたん、misonoなどもチアとのコラボパフォーマンス(ミニライブ)を行った。

さてここで、ウェルカムダンスは東京ドーム22番ゲート前で行われるため、入場チケットがなくても見ることができる。
...が、これ、入場後の、ドームの中でやってくれないかな...。フィールドで、持ち時間決めてチームごとのパフォーマンスとかしてオーロラビジョンに映し出したほうが盛り上がると思うんだけど。
協会としては広報の一環なのかもしれないけど、チケットを買わない変なおっさん連中が最前列に陣取っていて、雰囲も気わるいし、撮り終わったらそのまま帰るってのが沢山いるし。
またゲーム観戦をする側としても、ウェルカム終わってからだと、ゲーム開始までの時間が結構タイトで入場の荷物検査列はかなり殺気立っているし。入場できてもキックオフ寸前なので、ハーフを撮る場所取りもできないし...(まぁ最後はこっちの事情だけど)。再入場できればまだしもねぇ。
また、プレスパスを持っている報道関係の方も、案内されてもすでに正面最前はビデオ回しているへんなおっさんが沢山いるんで、柵の中の両サイドのかなり劣悪なポジションからしか撮影できていない。

マイナス面ばかりでプラス面が全く見えてこない。

へんなおっさん連中に対抗するために、撮影場所の場所取りのために3時間以上も早くいかなければならないのもかなりつらいし、そして、そんなのと同類とみられるのも悔しいw。

ってことで、ちょっと、今回のパール決勝...Welcomeの撮影はごめんなさいさせてもらおうかなぁ...。

いや、ハーフのスタンドからの撮影機材を持っていこうとすると、どう考えてもウェルカム用の16-35㎜の広角とか600RT(ストロボ)2台分とかストロボ用の外付バッテリーボックスとか...折りたたみ椅子とか場所取り用のレジャーシートとか...電車移動だときついんですよw。これがライズの試合だったらフィールド撮影もあるんで意地と根性でフルセット持っていくんですがw。

まぁ、フルタイム撮影じゃないとなると、移動機材は、本体、望遠(70-200㎜)、エクステンダー、一脚、スナップ用に24-70㎜一本で手を打ちたいなぁ...とか思うわけで。
望遠は、手持ちの機材だと、昼の野外じゃないんでSIGMAの150-500は暗すぎなので、70-200f2.8とx1.4の一択かなx2.0のエクステじゃAFが遅いんだよねぇまぁほぼ定点撮影なんでマニュアルで行ったれっ!って気もするんだけど。

んで、去年のXのハーフショウの時のデータ見たんですが、やっぱり、70-200㎜+EXTx1.4 で撮ってますね。これで、SS1/320、ISO3200、f5.6とか。斜め上からのフィールド撮りなんで、背景ぼかすこともできないんで、このさい絞りはSSを稼ぐ為とかISOを上げ過ぎないために開けるくらいでしかないんだけど、まぁ無難な数字な気がします。SS1/320-1/400くらいで、絞り解放で、ISOオートで...って感じかな。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2013年5月27日 12:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「同僚がデジイチを買い替えたいらしいので...。」です。

次のブログ記事は「200-400のテスト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。