« パールボウル ウェルカム・ハーフタイムショウ | ホーム | 1DXが届いた »

2013年6月 2日

200-400のテスト

川崎球場で高校生のアメフトを撮って来ました。天気は曇り。操作に慣れる為に全く追い込まずに撮ったのにこれくらい撮れれば十分かもしれません。ISOオートなので数値が不思議なことになってるのと、手振れはご了承くださいw。風が強くて結構フードに風が当たると持ってかれるのね...。

全部、撮って出しのトリミング無し。調整も無し。画像をクリックすると、巨大な元画像があります。
RAWで撮って、しっかり追い込んでみたくなりました。

とりあえず、3枚。エクステなし、内蔵のみ、内蔵+外付けの1.4ダブルがけの画です。


x1.0 400mm f4 ISO100 1/800
1DX06610.JPG


x1.4 560mm f6.3 ISO250 1/1000
1DX06434.JPG


x1,4 x1.4 784mm f8 ISO640 1/640
1DX06707.JPG


次に、遠くに見える工事現場の高層クレーンを、1.0のワイド側とテレ側、同じく内蔵1.4でのワイドとテレ側です。

x1.0 200mm f4 ISO100
1DX06629.JPG


x1.0 400mm f4 ISO100
1DX06630.JPG


x1.4 280mm F5.6 ISO100
1DX06631.JPG


x1.4 560mm f5.6 ISO100
1DX06632.JPG


最後に、なんとなく真上見たら飛んでいた飛行機を手持ちで撮ってみました。これも1.4のダブルがけ。手持ちは無理だわw。
ただ、これ天気のいい朝とかの空気が澄んでる時間だと、かなり良さそうです。

x1.4x1.4 784mm f8 ISO125
1DX06763.JPG


ちなみにx2.0も付けてみたんですが、こっちは内蔵x1.4を重ねがけするとマニュアルフォーカスになるんで、置きピンで撮れるものじゃないと厳しい。内蔵1.0で外付け2.0ならばAFも効くんですが、それならx1.4x1.4のほうがどの組み合わせでも全域AFが使えるんで使い勝手が良い感じです。

被写体の距離で、200-400-560か、280-560-784かを考えて、外付け1.4を最初に入れるかどうかを決めて使うのが一番使いやすそうですね。AFは、1DXであれば1.4の重ねがけでもほとんど気になりませんでした。

ってことで、結論...。
このレンズ、誤差なんだから、外付け1.4のエクステンダーも付属品に入れとけよ...w。
って感じです。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、なるが2013年6月 2日 19:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パールボウル ウェルカム・ハーフタイムショウ」です。

次のブログ記事は「1DXが届いた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。